『FATS WALLER-THE CENTENNIAL COLLECTIONS 』評

ちょうど73年前の今日、1937年の10月7日に、稀代のエンタテイナー、ファッツ・ウォーラーが《ザ・ジョイント・イズ・ジャンピン》を録音しています。 ノリ良く楽しいナンバーです。 たまには、モダンジャズ以前の古いジャズを聴くのも良いですね。 ボーナスDVDもついたコレクションがお買い得♪ Centennial Collection (Bonus Dvd)アーティスト:…

続きを読む

Cecil Taylor『Conquistador』評

セシル・テイラーの『コンキスタドール』、 これ、先日放送終了したラジオのほうの「快楽ジャズ通信」のラストでかけたアルバムです。 コンキスタドールアーティスト: セシル・テイラー,ヘンリー・グライムス,アラン・シルバ,ビル・ディクソン,ジミー・レオンズ,アンドリュー・シリル出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 1998/02/25メディア: CD 本日2010…

続きを読む

Dizzy Gillispie『Town Hall NYC June 22 1945』評

ディジー・ガレスピーとチャーリー・パーカーの火の出るような熱いライブ演奏記録、『タウンホール NYC June 22 1945』! Town Hall NYC June 22 1945アーティスト: 出版社/メーカー: Uptown Jazz発売日: 2005/06/21メディア: CD この演奏が録音された時って、まだ日本とアメリカは戦争中で、戦艦大和が東シナ海に沈んだ2ヶ…

続きを読む

Freddie Redd『San Francisco Suite』評

フレディ・レッドの『サンフランシスコ組曲』。 今日のような日差しの気持ち良い秋の晴れた日に散歩をしながら聴くにはピッタリの音源です。 1957年10月2日録音。 今日からちょうど53年に録音されたピアノトリオの傑作です。 サンフランシスコ組曲アーティスト: フレディ・レッド,ジョージ・タッカー,アル・ドリアーズ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日:…

続きを読む

Jackie McLean『Swing Swang Swingin』評

Swing Swang Swingin/Jackie McLean ジャッキー・マクリーンを代表するアルバム、 そして、ワンホーンアルバムの傑作でもある『スウィング・スワング・スウィンギン』。 本日、2010年10月2日は、この作品が録音されてから、ちょうど60年目にあたります。 安定したリズムセクションにのって繰り広げられる熱量たっぷりのマクリーンのアルトサックス。いつ…

続きを読む