Steve Lacy『Reflections』評

私はジャズを聴きはじめて比較的すぐにセロニアス・モンクの世界にはまった人間なので、なんとなく「耳の基準」のようなものが、モンクのピアノやモンク作曲のナンバーにあったりします。 だからなのかもしれません。 時折、むしょうにモンクのナンバーが聴きたくなってしまいます。 ソプラノサックス奏者、スティーヴ・レイシーはモンクの作曲のナンバーをストイックなまでに研究、追求していた人。 …

続きを読む