Paul Blay『Introducing』評

本日2010年11月30日より、ちょうど57年前の1953年11月30日に、ピアニスト、ポール・ブレイが『イントロデューシング』を録音しました。 INTRODUCING PAUL BLEY with CHARLES MINGUS, ART ... ベースがミンガス、 ドラムがブレイキーという重量級なリズムセクションですが、 熱くなりすぎることなく、いや、むしろ大理石の…

続きを読む

J.J.Johnson『The Eminent vol.2』(Blue Note 1506)評

本日配信のメルマガは1506号。 それにちなんで、今回のピックアップは、ブルーノート1506番の『ジ・エミネント・J.J.ジョンソン vol.2』です。 前作より1年後のセッションを中心に収録されている「vol.2」は、特にハンク・モブレイの参加が目をひきます。 彼が参加し、ホーンのアンサンブル陣に加わると、否が応でもテイストがハードバップになってしまいますね(笑)…

続きを読む

J.J.Johnson『The Eminent vol.1』(Blue Note 1505)評

本日配信のメルマガの号数は1505号。 それにちなんで、今回はブルーノート1505番です。 リーダーは、トロンボーン奏者のJ.J.ジョンソン。 彼のリーダー作『ジ・エミネント vol.1』です。 この「vol.1」の多くのナンバーにはクリフォード・ブラウンが参加。 ビ・バップの熱気とハイクオリティな演奏が封じ込められています。 …

続きを読む

Cyrus Chestnut『Earth Stories』評

本日2010年11月28日より、ちょうど15年前の1995年11月28日に、ピアニスト、サイラス・チェスナットが『アース・ストーリーズ』を録音しました。 Earth Stories [Import, From US] / Cyrus Chestnu... パワフルなピアノながら、砂糖菓子のように甘いフレーズがいたるところに頻出するチェスナットのピアノ。 これ…

続きを読む

Bud Powell『The Amazing Bud Powell vol.2』評

The Amazing Bud Powell vol.2/Bud Powell 本日配信のメルマガの号数は1504号。 というわけで、今回取り上げるのもブルーノート1504番の『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.2』です。 パウエルのロマンティストな面、 しかも、甘さを排した辛口なロマンティシズムをたっぷりと味わえるピアノトリオが『ジ・アメイジング・バド・パウエル…

続きを読む

Mick Karn『Titles』評

Titles/Mick Karn ミック・カーンの『タイトルズ』評をアップしました。 もとはといえば、5~6年前に、某音楽批評サイトに寄稿した『タイトルズ』評があるのですが、それに加筆修正したものです。 やっぱ、ミックのフレットレスベースはええわぁ~、最高!です。 ⇒レビューはこちら

続きを読む

Red Garland『All Kinds Of Weather』評

本日2010年11月27日より、ちょうど52年前の1958年11月27日に、ピアニスト、レッド・ガーランドがプレスティッジに、全曲天候にちなんだアルバム『オール・カインズ・オブ・ウェザー』を録音しました。 All Kinds of Weather [Import, From US] / Red Ga... 1.Rain 2.Summertime 3.Stormy Weat…

続きを読む

Charlie Rouse『Bossa Nova Bacchanal』評

本日2010年11月26日より、ちょうど48年前の1962年11月26日に、テナーサックス奏者のチャーリー・ラウズがブルーノートに唯一のリーダー作『ボサ・ノヴァ・バッカナル』を録音しました。 ボサノバ・バッカナル [Limited Edition] / チャーリー・ラウズ, ケニー・バ... 和みと緊張感のほどよいブレンド。 心地よい“ジャズ作品”です。

続きを読む

Miles Davis『Miles Davis All Stars vol.2』評

本日配信のメルマガは、1502号。 なので、今回はブルーノート1502番の『マイルス・デイヴィス・オール・スターズ vol.2』です。 Miles Davis: Volume 2 [Import, From US] / Miles... この作品も、私にとっては思い入れの深い曲ばかりが収録されています。 いわば、私のジャズ歴の原点のようなものかもしれません。 …

続きを読む