Paul Blay『Introducing』評

本日2010年11月30日より、ちょうど57年前の1953年11月30日に、ピアニスト、ポール・ブレイが『イントロデューシング』を録音しました。 INTRODUCING PAUL BLEY with CHARLES MINGUS, ART ... ベースがミンガス、 ドラムがブレイキーという重量級なリズムセクシ…

続きを読むread more

J.J.Johnson『The Eminent vol.2』(Blue Note 1506)評

本日配信のメルマガは1506号。 それにちなんで、今回のピックアップは、ブルーノート1506番の『ジ・エミネント・J.J.ジョンソン vol.2』です。 ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.2 [Limited Edition, Origi... 前作より1年後のセッションを中心に収録されている「vol…

続きを読むread more

Cyrus Chestnut『Earth Stories』評

本日2010年11月28日より、ちょうど15年前の1995年11月28日に、ピアニスト、サイラス・チェスナットが『アース・ストーリーズ』を録音しました。 Earth Stories [Import, From US] / Cyrus Chestnu... パワフルなピアノながら、砂糖菓子のように甘いフレーズが…

続きを読むread more

Bud Powell『The Amazing Bud Powell vol.2』評

The Amazing Bud Powell vol.2/Bud Powell 本日配信のメルマガの号数は1504号。 というわけで、今回取り上げるのもブルーノート1504番の『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.2』です。 パウエルのロマンティストな面、 しかも、甘さを排した辛口なロマンティシズムをたっぷ…

続きを読むread more