ボサノバ・バッカナル チャーリー・ラウズ

本日2010年11月26日より、ちょうど48年前の1962年11月26日に、テナーサックス奏者のチャーリー・ラウズがブルーノートに唯一のリーダー作『ボサ・ノヴァ・バッカナル』を録音しました。 リズムはあくまで快楽的ですが、ラウズのテナーサックスはどこか抑制が効いていて、完全に浮かれ気分にはなっていないストイックさが感じられるところがミソ。 セロニアス・モンクのサイドマンの…

続きを読む

Miles Davis『Miles Davis All Stars vol.2』評

本日配信のメルマガは、1502号。 なので、今回はブルーノート1502番の『マイルス・デイヴィス・オール・スターズ vol.2』です。 Miles Davis: Volume 2 [Import, From US] / Miles... この作品も、私にとっては思い入れの深い曲ばかりが収録されています。 いわば、私のジャズ歴の原点のようなものかもしれません。 …

続きを読む