プレゼンティング・キャノンボール

ハンク・ジョーンズの好サポートがいいですね(・∀・)b キャノンボールのリーダー作。 すごく充実した演奏だと思います。 ジャケットもそそる! プレゼンティング・キャノンボールアーティスト: キャノンボール・アダレイ出版社/メーカー: 日本コロムビア発売日: 2010/12/01メディア: CD▼収録曲 1. スポンテイニアス・コンバッション 2. スティル・トーキ…

続きを読む

McCoy Tyner『Tender Feelin'』評

本日2010年12月1日より、ちょうど43年前の1967年12月1日に、ピアニスト、マッコイ・タイナーが『テンダー・モーメンツ』を録音しました。 1967年といえば、コルトレーンが亡くなった年。コルトレーンの死後、約5ヶ月後に、長年、コルトレーンカルテットのピアノを務めていた(すでにトレーンが亡くなる2年前には脱退していましたが)マッコイ・タイナーがブルーノートに吹き込んだ意欲作です。…

続きを読む

The Jazz Messangers『At The Cafe Bohemia vol.1』評

本日配信のメルマガは1507号。 それにちなんで、今回の紹介は、ブルーノートの1507番。 ジャズ・メッセンジャーズの『アット・ザ・カフェ・ボヘミア vol.1』です。 ケニー・ドーハムのトランペットに、ハンク・モブレイのテナーサックス。 熱くて柔らかで、どこか哀愁漂うフロント陣。 リズムセクションは、もちろんアート・ブレイキーのドラムを筆頭に、ホレ…

続きを読む

コクのある音となって蘇る!カーティス・フラーの代表作『ブルースエット』

CHAGE & ASUKA、平原綾香、aiko、KinkiKids、一青窈、浜崎あゆみなどのトップ・アーティストたちの作品も手がける名マスタリング・エンジニア、保坂弘幸氏によるリマスタリングの音源が、税込1,100円というお手軽価格で。 フラーのコクのあるトロンボーン、それに溶け合うベニー・ゴルソンのテナーサックス、歯切れのよいトミー・フラナガンのピアノなど、聴き慣れているはずの耳にも新鮮…

続きを読む

ケニー・バレル『ジャズメン・デトロイト』リマスタリング盤が廉価で。

ギターのケニー・バレルに、ピアノはトミー・フラナガン 、ベースにポール・チェンバースら、若きデトロイト出身のジャズマンたち(デトロイター)たちが結集した極上の演奏が収録されています。 CHAGE & ASUKA、平原綾香、aiko、KinkiKids、一青窈、浜崎あゆみなどのトップ・アーティストたちの作品も手がけるトップ・マスタリング・エンジニア、保坂弘幸氏によるマスタリング…

続きを読む