John Patton『Let'em Roll』評

本日2010年12月11日より、ちょうど37年前の、 1965年12月11日に、 オルガン奏者、ジョン・パットンはブルーノートに『レッテム・ロール』を録音しました。 Let Em Roll [Import, From US] / Big' John Patto... 夏に聴くと、涼しくて最高なサウンドなのですが、じつは冬に録音されていたんですね。 もちろん、…

続きを読む

Gil Melle『Pattern In Jazz』評

ブルーノート1517番、ギル・メレの『パターン・イン・ジャズ』。 ブルーノートのアルフレッド・ライオンと、録音技師のルディ・ヴァン・ゲルダー出会いのキッカケとなったアルバムでもあります。 パターンズ・イン・ジャズ(紙ジャケット仕様) [Limited Edition, Origin... リーダーのギル・メレはこのアルバムではバリトンサックスに徹しています。 …

続きを読む