Art Blakey『A Night At The Bird Land vol.2』評

本日配信のメルマガは1522号なので、それにちなんでブルーノート1522番『バードランドの夜 vol.2』評です。 バードランドの夜 Vol.2 [Limited Edition] / アート・ブレイキー, カ... ライブでありながら、このまとまり感の秘密は? 詳しくはレビューのほうをお読みください。

続きを読む

ジャズ来るべきもの

The Shape Of Jazz To Come/Ornette Coleman 耳にキンキンくる美しさ。 脳にズキズキくる狂騒かつ狂走美。 私にとっては、美の新しい価値観を植え付けてくれた1枚なのかもしれません。 《ピース》や《コンジーニアリティ》。 このようなタイプの曲って、それまでのジャズにはあるようでなかったタイプのメロディ。 少々奇妙に捻子曲がっていな…

続きを読む