Jimmy Smith『The Incredible Jimmy Smith』評

ブルーノート1525番の『ジ・インクレディブル・ジミー・スミス』! Incredible At the Organ 3 [Original recording remastered, ... とにかく、次から次へと曲を“やっつけてゆく”感じ、しかも“やっつけ仕事”ではなく、次から次へと曲を圧倒的な腕力(指力?)でねじ伏せてゆくジミー・スミスのオルガンプレイがたまらない…

続きを読む