チャック・イスラエルのベース

Moon Beams/Bill Evans チャック・イスラエル(イスラエルズ)のベースが好きなジャズファンは意外と多いです。 彼の特徴は一にも二にもセクシーな音色でしょう。 たとえば、スコット・ラファロや二―ルス・ぺデルセンのようなアクロバティックな速弾きはしないのですが、一音一音をしっとりと色気のある音でつつんでくれる魅力をたたえています。 彼の音色を楽しみたいの…

続きを読む

Lou Donaldson『Swing And Soul』評

本日のご紹介は、ソウルフルなアルトサックス吹き、ルー・ドナルドソンさんの『スウィング・アンド・ソウル』。 ブルーノート1566番です。 スイング・アンド・ソウル [Limited Edition] / ルー・ドナルドソン, ハーマ... 一流のバッパーとしての側面、 一流のソウルテイストを醸し出す達人、 そして、しみじみとしたバラードプレイヤー、 ……彼の持つ…

続きを読む

土濃塚隆一郎さん 2月のライブのお知らせ

フリューゲル・ホーン奏者の土濃塚隆一郎さん、2月のライブ予定をお知らせします。 2/2(水)新宿SOMEDAY http://someday.net/index2.html 〒160-0022 新宿区新宿1-34-8 新宿御苑前ビルB1(やよい軒の地下) TEL:03-3359-6777 土濃塚隆一郎(flh)中嶋錠二(p)納浩一(b)藤井学(dr) 2/4(金)本厚…

続きを読む

Cliff Jordan『Cliff Jordan』評

本日配信のメルマガは1565号。 それにちなんで、本日紹介のアルバムは、ブルーノートの1565番。 テナーサックス奏者クリフ・ジョーダンの『クリフ・ジョーダン』評です。 Cliff Jordan / Cliff Jordan 【CD】 のほほんとした適度な緩さが心地よい。 冬の寒い日に聴けば、心も身体も温まる。 そんな優しく包み込んでくれそうな4ビ…

続きを読む

バティスト・トロティニョンの2枚目

フランスのピアニスト、バティスト・トロティニョン。 その圧倒的なテクニックと深い音楽性で、日本でもじわじわとファンを増やしています。 彼の2枚目のリーダー作『サイトシーイング』が、入門者にはお勧めかな。 サイトシーイング(紙ジャケット仕様) / バティスト・トロティニョン (その他); バティスト... 私が彼を知ったのは、以前、ラジオ番組を持っていたときに、ゲストに出演…

続きを読む

Paul Chambers『Paul Chambers Quintet』評

本日のご紹介はブルーノート1564番の『ポール・チェンバース・クインテット』! ポール・チェンバース・クインテット +1 興味深いのがパーソネル。 ドラムスがエルヴィン・ジョーンズなんですね。 チェンバースとエルヴィンというリズムコンビネーションって結構珍しいのですが、名手二人の相性はもちろんバッチリです。 『ベース・オン・トップ』ほど、ベースが前面に出た内…

続きを読む

Jimmy Smith『Jimmy Smith Plays Pretty Just For You』評

本日配信のメルマガは1563号。 それにちなんで、今回ご紹介のブルーノートは、1563番のジミー・スミスのリーダー作です。 『ジミー・スミス・プレイズ・プリティ・ジャスト・フォー・ユー』。 ブルーノート1500番らしからぬ(?)、穏健かつ無難なジミー・スミスです。 ジミー・スミス・プレイズ・プリティ・ジャスト・フォー・ユー+1(紙ジャケット仕様) [Limi... …

続きを読む

日野皓正『ハイノロジー』評

日野皓正26歳のときのリーダー作、 『ハイノロジー』評を加筆修正しました。 ⇒こちらになります。 Takt JAZZ HI-NOLOGY [Limited Edition] / 日野皓正 クイ... 俺はマイルスが好きなんだ~! マイルスのような音楽をやりたいんだ~! という熱い思いとエネルギーがアルバム全体から伝わってきます。

続きを読む

Horace Silver『Styling Of Silver』評

本日のブルーノート名盤紹介は、 1562番のホレス・シルヴァーの『スタイリング・オブ・シルヴァー』です。 Horace Silver / ザ・スタイリングス・オブ・シルヴァー (日本盤CD) アート・ファーマーにハンク・モブレイという 円やかさが持ち味のフロント陣が渋い! また、シルヴァーならではの掴みの良い(良すぎる?)、 《ソング・フォー・マイ・ファー…

続きを読む

Sabu『Palo Congo』評

本日のご紹介は、ブルーノート1561番、パーカッション奏者サブーの『パロ・コンゴ』です。 サブー/パロ・コンゴ キューバのミュージシャン、アルセニオ・ロドリゲスの参加が効いていますね。 長らく、ジャズマニアよりも、ラテン・ファンに愛されてきた盤です。 これ聴くと、寒い日本を脱出したくなる。

続きを読む