土濃塚隆一郎さん3月のライブ

フリューゲルホーンプレイヤー・土濃塚隆一郎さんの3月のライブのお知らせです。 3/5(土)国立NO TRUNKS 186-0004 東京都国立市中1-10-5・5F TEL&FAX: 042-576-6268 http://notrunks.jp/index.htm 土濃塚隆一郎(flh)森下滋(p)納浩一(b)ジーン重村(dr) 3/23(水)名古屋 月うさぎ …

続きを読む

Louis Smith『Smithville』評

本日紹介したいち素敵なアルバムは、ブルーノート1594番、トランペッター、ルイ・スミスの『スミルヴィル』です。 スミスヴィル/ルイ・スミス あたたく、ほのぼのとしたトランペットが心和みます。 しかし、このアルバムのレコーディングを最後に、スミスはシーンから足を洗い、先生の仕事に戻ってしまいました。

続きを読む

Lou Donaldson『Blues Walk』評

ブルーノート1593番、 アルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンの『ブルース・ウォーク』が、本日配信するメルマガ1593号のテーマです。 ブルース・ウォーク / ルー・ドナルドソン, ハーマン・フォスター, ペック・モリソン, デイ... 誰もが聴いたことがあるであろう素朴なメロディのタイトル曲、 じんわりと滲み出る哀愁、ブルージーなフィーリング。 ルーさんとの…

続きを読む

Sonny Clark『Sonny Clark Quintets』評アップ

ブルーノート幻の1592番。 ソニー・クラークの『ソニー・クラーク・クインテッツ』! Sonny Clark Quintets なんらかの事情で、番号のみでお蔵入りになっていた作品。 前半は『クール・ストラッティン』のメンバー(アート・ファーマー、ジャッキー・マクリーン、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズ)で、『クール・ストラッティン』と同…

続きを読む

Lou Donaldson『Lou Takes Off』評

ブルーノート1591、 アルトサックス奏者 ルー・ドナルドソンの『ルー・テイクス・オフ』。 ルー・テイクス・オフ [Limited Edition] / ルー・ドナルドソン (CD - ... ルーさんは、ソ連の人工衛星・スプートニクの打ち上げ成功のニュースをテレビで観て、大いに触発されたようです。 「人工衛星な感じ」がどこまで、どう、音楽に活かされたのかは不明(?)…

続きを読む

リー・モーガンのブルーノート6作目は『キャンディ』評

リー・モーガン、ブルーノートでの6枚目のリーダー作『キャンディ』。 キャンディ/リー・モーガン 表題曲の《キャンディ》をはじめとして、魅力的なナンバーと演奏が盛りだくさん。 全編ミュートをつけずに、オープンのプレイに徹しています。 リー・モーガンのアルバムでは珍しいワン・ホーン・アルバムということも、このアルバムの人気に拍車をかけているのでしょうね。 とにも…

続きを読む

Horace Silver『Further Explorations』評

ホレス・シルヴァー、ブルーノート5枚目のリーダー作、『ファーザー・エクスプロレーションズ』! Further Explorations 『未来への探求』と題されたこの作品は、シルヴァーの意欲作でもありますが、だからといって決して頭でっかちや難解なものではありません。 いつものように親しみやすいシルヴァー節を楽しめると同時に、従来のアルバムよりは少しだけ新しい要素…

続きを読む

ソニー・クラーク『クール・ストラッティン』評

Cool Struttin'/Sonny Clark 本日配信予定のメルマガで取り上げるのは、ブルーノート1588番、泣く子もだまる(?)、永遠のブルーノート定番、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』です。 サラリとした食感のアート・ファーマー、 熱くベッタリとジャッキー・マクリーン、 コロコロしつつもふくよかな粘りのあるクラーク、 各人の個性が際立ち、かつ…

続きを読む

Bennie Green『Back On The Scene』評

ブルーノート1587番、 トロンボーン奏者、ベニー・グリーンの『バック・オン・ザ・シーン』は、 ブルーノートのジャケットにしては珍しく、 ジャズマンの全身が映ったジャケットです。 バック・オン・ザ・シーン / ベニー・グリーン (CD - 2008) ジャケットのみならず、中身も極上。 食べ物で言うと、B級グルメチックなおいしさというか、 とにもかくにも、地味な…

続きを読む

Jimmy Smith『グルーヴィン・アット・スモールズ・パラダイス vol.2』評

ジミー・スミスの『グルーヴィン・アット・スモールズ・パラダイス vol.2』! ジミー・スミス/スモールズ・パラダイスのジミー・スミス(2) ジミー・スミスの1500番台での録音はこれで最後ですが(といっても1500番台だけでじつに13枚もある)、4000番台になっても、彼の作品は続きます。 そして、4000番台にはいってから、より彼の名前が知れ渡り、人気も安定して…

続きを読む