Louis Smith『Smithville』評

本日紹介したいち素敵なアルバムは、ブルーノート1594番、トランペッター、ルイ・スミスの『スミルヴィル』です。 スミスヴィル/ルイ・スミス あたたく、ほのぼのとしたトランペットが心和みます。 しかし、このアルバムのレコーディングを最後に、スミスはシーンから足を洗い、先生の仕事に戻ってしまいました。

続きを読むread more

Lou Donaldson『Blues Walk』評

ブルーノート1593番、 アルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンの『ブルース・ウォーク』が、本日配信するメルマガ1593号のテーマです。 ブルース・ウォーク / ルー・ドナルドソン, ハーマン・フォスター, ペック・モリソン, デイ... 誰もが聴いたことがあるであろう素朴なメロディのタイトル曲、 じんわりと…

続きを読むread more

Sonny Clark『Sonny Clark Quintets』評アップ

ブルーノート幻の1592番。 ソニー・クラークの『ソニー・クラーク・クインテッツ』! Sonny Clark Quintets なんらかの事情で、番号のみでお蔵入りになっていた作品。 前半は『クール・ストラッティン』のメンバー(アート・ファーマー、ジャッキー・マクリーン、ポール・チェンバース、フィ…

続きを読むread more

Lou Donaldson『Lou Takes Off』評

ブルーノート1591、 アルトサックス奏者 ルー・ドナルドソンの『ルー・テイクス・オフ』。 ルー・テイクス・オフ [Limited Edition] / ルー・ドナルドソン (CD - ... ルーさんは、ソ連の人工衛星・スプートニクの打ち上げ成功のニュースをテレビで観て、大いに触発されたようです。 「人工衛…

続きを読むread more