スコット・ラファロ、4ビートの快楽

先日紹介した、新刊の『スコット・ラファロ その生涯と音楽』。 彼の生い立ちや恋、音楽の学びの過程などは、妹のヘレンさんの記述を興味深く読んでいただくとして、ヘレンさんの章の後に設けられた解説の章が個人的には面白く、昨日も何度も読み返しながら解析の対象となるアルバムを交互に聴いています。 先日も書いたとおり、ソロ奏者、あるいはビル・エヴァンスの「会話」の相手としての…

続きを読む