Miles Davis『Milestones』評

マイルス・デイヴィスの『マイルストーンズ』評をアップしました。 ⇒こちらです。 Milestones/Miles Davis アルトサックス奏者、キャノンボール・アダレイが加入し、クインテット(5重奏団)から、セクステット(6重奏団)に生まれ変わった直後の録音です。 彼の加入により、サウンドがより…

続きを読むread more

New Art Saxophone Quartet『Songs And Dances』評

本日2011年4月28日よりちょうど10年前の今日、すなわち2001年4月28日に、ニュー・アート・サキソフォン・カルテットは、エンヤレーベルに『ソングズ・アンド・ダンシーズ』を録音しました。 SONGS AND DANCES [Import, From US] ソプラノサックスのフィスター、アルトサックスのストラウ…

続きを読むread more

Lou Donaldson『Gravy Train』評

本日2011年4月27日よりちょうど50年前の1961年4月27日に、アルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンは、ブルーノートに『グレイヴィ―・トレイン』を録音しました。 Gravy Train (Reis) [CD, Original recording rema... ルーさんと相性のよい哀愁のピアニスト、ハーマン…

続きを読むread more

James Clay & David Newman『The Sound Of The Wide Open Spac…

ジェームス・クレイとデヴィッド・ニューマン、2人のテナー奏者による競演、いや共演を記録した、『ザ・サウンド・オブ・ワイド・オープン・スペーシズ』は、本日2011年4月26日より、ちょうど51年前の今日、1960年4月26日に録音されました。 Sound of the Wide Open Spaces プロデューサ…

続きを読むread more