Willem Breuker Kollektief『At Ruta Maya Café』

先日、久々にゴールデン街に行ってきました。 目的の店は、当然ハードなジャズを大音量でかけてくれる「シラムレン」。 片腕のマスターは、知る人ぞ知る「ジャズ目利き」です。 見たことも聴いたこともない珍しいCDをどこからともなく仕入れてきて、「こんなのどうだ?」とかけてくれるのです。 深夜のジャズが流れる店といえば、ピアノトリオや、ギターが前面に出たマイルドな演奏が似合うし、実際そ…

続きを読む