Wes Montgomery『A Day In The Life』評

ウェス・モンゴメリーの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』評をアップしました。 ⇒こちらです。 ア・デイ・イン・ザ・ライフ / ウェス・モンゴメリー (演奏) (CD - 2011) ドン・セベスキーのアレンジとオーケストラは、いまひとつ好きになれないのですが、これらの“過剰装飾”は、ウェスのギターを彩るSE(サウン…

続きを読むread more

Thelonious Monk『Genius Of Modern Music vol.2』評

本日2011年5月30日より59年前の、1952年5月30日にセロニアス・モンクは、ラッキー・トンプソンや、ルー・ドナルドソン、ケニー・ドーハムらとともにブルーノートに《キャロライナ・ムーン》《ホーニン・イン》、《スキッピー》、《レッツ・クール・ワン》などのナンバーを録音しました。 ジニアス・オブ・モダン・ミュージック V…

続きを読むread more

Cecil Taylor『Solo』評

本日2011年5月29年よりちょうど38年前の1973年5月29日、来日したセシル・テイラーは、ピアノソロのアルバムを吹きこみました。 セシル・テイラー・ピアノ・ソロ(紙ジャケット仕様) / セシル・テイラー (演奏) (CD -... 日本制作の『ソロ』は、ピアノの録音が美しく、前衛ピアノ奏者セシル・テイラーの過激…

続きを読むread more

John Coltrane『Live At The Village Vanguard Again!』評

本日2011年5月28日は、ちょうど45年前にジョン・コルトレーンが、妻のアリス・コルトレーン、新メンバーのファラオ・サンダースらをしたがえ、ヴィレッジ・ヴァンガードでライブを行いました。 このライブの録音されたアルバムが『ライブ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン』です。 Live at Village Van…

続きを読むread more

Harold Vick『Steppin' Out』評

本日2011年5月26日より、ちょうど48年前の1963年5月26日に、テナーサックス奏者のハロルド・ヴィックは、トランペッターのブルー・ミッチェルや、ギターのグラント・グリーン、オルガン奏者のビッグ・ジョン・パットンらとともに、ブルーノートに『ステッピン・アウト』を吹きこみました。 ステッピン・アウト (紙ジャケット仕様…

続きを読むread more