ハンク・ジョーンズ『ティプトー・タップ・ダンス』評

本日2011年6月29日より、ちょうど34年前の1977年6月29日と、翌年の1978年1月21日に、ハンク・ジョーンズはソロピアノアルバム『ティプトー・タップ・ダンス』を録音しました。 端正なタッチで奏でられる落ち着いたソロピアノの演奏。 聴き手のマインドにじわりと染みてくるベテランにしか出せない風格は、何度でも聴きたくなる素晴らしい味わいです。 …

続きを読む

Herbie Hancock『洪水~ライブ・イン・ジャパン‘75』評

本日2011年6月28日より、ちょうど36年前の1975年6月28 日の渋谷公会堂と、7月1日の中野サンプラザで、来日したハービー・ハンコック率いるヘッドハンターズがライブを行い、その模様が『洪水』に収録されています。 私、ポール・ジャクソンの太い音色でグルーヴするベースが大好きで、これを聴けるだけでも幸せ気分になれる幸せ盤がこのアルバムなのです。 彼のベーススタ…

続きを読む

寺久保エレナ インタビュー

TOWER RECORDS ON LINEに、今年高校を卒業し、バークリー留学のアルトサック奏者、寺久保エレナさんインタビューが掲載されています。 ⇒こちら ▼【送料無料】 CD/寺久保エレナ/ニューヨーク・アティチュード/KICJ-615

続きを読む

空中浮遊/近藤等則

空中浮遊/近藤等則 ときおり近藤等則の『空中浮遊』を聴きたくなります。 トランペットにエフェクトをかけて、やわらかくホニャホニャに捻じれた音色で、日本の祭り的旋律が奏でられると、なんだか、モニョモニョとした突き抜けきれない高揚感を感じ、それがまた慣れてくると気持ちがよいのです。 渡辺香津美のギターも聴きどころの一つですね。

続きを読む

Bill Evans『Waltz For Debby』評

Waltz For Debby/Bill Evans 本日2011年6がつ25日より、ちょうど50年前の1961年6月25日に、ビル・エヴァンス・トリオがNYのライブハウス「ヴィレッジ・ヴァンガード」で行った演奏が、アルバム『ワルツ・フォー・デビー』に収録されました。 今年発売されたベーシストのスコット・ラファロの伝記を読みながら聴くと、聴き慣れていたはずの音が、新たな生命を…

続きを読む

Wynton Kelly Trio-Wes Montgomery『Smokin' At The Half Note vol.1』評

本日2011年6月24日よりちょうど46年前の1965年6月24日に、ウイントン・ケリーのトリオとウェス・モンゴメリーは、ニューヨークの「ハーフ・ノート」にて、ノリノリの熱演を繰り広げました。 ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオ おそらくは誰が聴いてもうきうきした気分になるに違いないドライブしまくった快演。 これを聴けば、日頃の鬱屈…

続きを読む

アローン・アット・モントルー レイ・ブライアント

先日、惜しくもこの世を去ってしまったレイ・ブライアント(合掌)。 彼の数あるアルバムの中でも、もっともエキサイティングで手に汗握る興奮と、ジャズピアノの楽しさを伝えてくれるのが、この『アローン・アット・モントルー』だと私は思います。 スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルで多くの聴衆を魅了したライブ。 聴衆が少しずつブライアントのピアノに引き込まれ、最後…

続きを読む

Sonny Rollins『Saxophone Colossus』評

本日2011年6月22日より、ちょうど55年前の1956年6月22日、テナーサックス奏者ソニー・ロリンズはプレスティッジに『サキソフォン・コロッサス』を録音しました。 【送料無料】サキソフォン・コロッサス/ソニー・ロリンズ[CD] いわずもがなの泣く子も黙る名盤です。 私はこのアルバムを かれこれ何百回聴いたことでしょう。 まったく飽きないどころか、 いまだに…

続きを読む

大西順子『WOW!』評

大西順子のデビューアルバム『WOW!』を聴いています。 大西順子 オオニシジュンコ / Wow 【CD】 彼女の原点であり、やりたいことを目いっぱい詰め込んだ大西テイストがもっとも濃厚な内容。 個人的には、やはりこの衝撃のファーストがもっとも好きですね。 もちろん、このアルバム以降、どんどん音楽性や表現力も高まっていくのですが(最近の復帰後の演奏も素晴らしいと思っ…

続きを読む

ジョージ・シアリングの『ジャズ・モーメンツ』

本日2011年6月20日より、ちょうど49年前の1962年6月20日、 ジョージ・シアリングは『ジャズ・モーメンツ』を録音しました。 シンプルな演奏内容に徹しながらも、メロディアスな演奏を聴かせてくれる心地よいピアノトリオです。 心地よい気分にひたりたいときの小気味良いBGMとして、最高のアルバムといえましょう。

続きを読む