Cecil Taylor『Looking Ahead』評

本日2011年6月9日より、ちょうど@年前の1958年6月9日に、セシル・テイラーはコンテンポラリー・レーベルに『ルッキング・アヘッド』を録音しました。 ルッキング・アヘッド まだ4ビートの定型ビートの枠組みの中で表現をしていた頃のテイラー。 このアルバムの他のアルバムにはないユニークな音色の特徴は、なんといってもヴィブラフォンの参加でしょう。 幾何学的ななフレー…

続きを読む