Karin Krog『We Could Be Flying』評

早いもので、もう8月も終わりです。 もう明日から9月。 さらば、夏! って感じではありますが、まだまだ残暑というか暑い日々。 そんなわけで、さらば夏!な切ない気分をノスタルジックなサウンドに乗せてカーリン・クローグの透き通ったヴォーカルで涼しい気分になるのも良いですよ。 Karin Krog カーリンクローグ / We Could Be Flying 【…

続きを読む

ベルリン・コンサーツ エリック・ドルフィー

本日2011年8月30日より、ちょうど50年前の1961年8月30日に、 エリック・ドルフィーはベルリンで熱狂的なライブを繰り広げました。 この模様が『ベルリン・コンサーツ』に収録されています。 リズムセクションは現地のミュージシャンたち。 必ずしもドルフィーのプレイにピタリと密着しているとは限らないのですが、凄まじい勢いで疾走するドルフィーに必死に食…

続きを読む

Lee Konitz『Motion』評

本日2011年8月29日より、ちょうど50年前の1961年8月29日に、リー・コニッツは『モーション』を吹きこみました。 ピアノレストリオの決定盤! 演奏を煽るエルヴィン・ジョーンズと、遊びのないベースラインを手堅く奏でるソニー・ダラスも奮闘。 即興演奏のスリルと醍醐味を味わえる素晴らしいアルバムです。

続きを読む

【9/28発売】JAZZ BEST ビル・エヴァンス

ビル・エヴァンス入門に最適な2枚組 『JAZZ BEST ビル・エヴァンス』が 9/28に発売されます。 収録曲、全24曲で、 定価は1700円のお得盤です。 JAZZ BEST ビル・エヴァンス Amazonで予約⇒JAZZ BEST ビル・エヴァンス 楽天で予約⇒JAZZ BEST ビル・エヴァンス ビル・エヴァンスが晩年、ワーナー・ブラザーズ…

続きを読む

Benny Golson『グルーヴィン・ウィズ・ゴルソン』評

本日2011年8月28日より、ちょうど52年前の1959年8月28日に、ベニー・ゴルソンは『グルーヴィン・ウィズ・ゴルソン』を録音しました。 グルーヴィン・ウィズ・ゴルソン [Limited Edition] / ベニー・ゴルソン ドラムがアート・ブレイキーに、ベースがポール・チェンバースというリズムセクション。 ピアノがレイ・ブライアント、フロントのホーンにはゴルソンのテ…

続きを読む

Dexter Gordon『Go!』評

本日2011年8月27日より、ちょうど49年前の1962年8月27日に、デクスター・ゴードンはブルーノートに『ゴー!』を録音しました。 ゴー! / デクスター・ゴードン, ソニー・クラーク, ブッチ・ウォーレン, ビリー・ヒギンズ ぶっ太いデックスのテナー、どっしりと安定したリズムセクション、哀愁たっぷり重たく粘るソニー・クラークのピアノ。 もう最高です。 これもジャズ喫…

続きを読む

Bob Cooper『The Music Of Bob Cooper』評

本日2011年8月26日より、ちょうど54年前の1957年8月26日に、ボブ・クーパーは『ザ・ミュージック・オブ・ボブ・クーパー』をレコーディングしました。 Coop! The Music of Bob Cooper / Bob Cooper ほんわかムードの暖かいテナー。 アンサンブルも緊張感2、安定感5、のほほん感3といった配合で、リラックスして聴け、かつ和みます。…

続きを読む

54年前のリー・モーガン『シティ・ライツ』

本日2011年8月25日より、ちょうど54年前にリー・モーガンはブルーノートに『シティ・ライツ』を録音しました。 初期のリー・モーガンとは切っても切れないベニー・ゴルソンが、作曲、編曲で頑張っているアルバムです。 テナーサックス奏者としては参加していませんが、彼の作編曲が大きなウェイトを占めているこのアルバム、ベニー・ゴルソン色がいたるところに漂うおもしろいアルバムですね…

続きを読む

Dizzy Reece『Blues In Trinity』評

本日2011年8月24日より、ちょうど53年前の1958年8月24に、ディジー・リースは『ブルース・イン・トリニティ』を録音しました。 ブルース・イン・トリニティ/ディジー・リース あのマイルスからも称賛されたイギリス在住だったトランペッターは、このアルバムの録音を機にニューヨークへと進出します。 伸びやかに“歌う”リースのトランペット。サラリとスマートでまとま…

続きを読む

Otis Spann『Walking The Blues』評

本日2011年8月23日より、ちょうど48年前の1963年8月23日に、オーティス・スパンは『ウォーキング・ザ・ブルース』を録音しました。 ウォーキン・ブルース / オーティス・スパン ピアノを打楽器のようにかきならし、まるで傍若無人な武骨男のようでありながらも、どこか漂うダンディズム。「漢(おとこ)」が惚れる、強い原酒のようなピアノがここにあります。

続きを読む