Weather Report『Black Marcket』評

メロディ以前に、そのメロディを奏でる音色にやられてしまう、ということがあります。 私の場合、《ブラックマーケット》のシンセの暖かでなめらかな音色などがまさにそうですね。 もちろんメロディも素敵ですが。 ザヴィヌル奏でるこの主旋律を聴くだけでも、 安楽、お気楽、ご気楽な気分になれるのは、 きっと私だけではないんじゃないかと思うのですが……。 Amazon…

続きを読む

54年前のリー・モーガン『ザ・クッカー』

本日2011年9月28日より、ちょうど54年前の1957年9月28日に、リー・モーガンはブルーノートに『ザ・クッカー』を録音しました。 ブルーノート1578番ですね。 パラパラと高音を担うリー・モーガンのトランペットと、 ブリブリと低音を担うペッパー・アダムスのバリトンサックスの音色のブレンドっぷりがおいしい音を生み出していますね。 自信に満ちた表情のモーガンをとらえた力…

続きを読む

【本日チャリティー・ライブ】アキコ・グレース、ユウ・マナベ、木村将之「未来の三重奏」

本日9月29日(木)、 永福町ソノリウムにてアキコ・グレース、ユウ・マナベ、木村将之のトリオによる「未来の三重奏」が行われます。 ~未来の三重奏~ アキコ・グレース&ユウ・マナベ&木村将之  Pf. アキコグレース Vn. 真部 裕 Base 木村将之 19:30 開場 20:00 開演 (問)03-5464-7531 http://www.son…

続きを読む

Lee Morgan『Candy』評

ときおり、思い出したように取りだして聴くアルバムが、リー・モーガンのキャンディです。 ワンホーンで、しかも《C.T.A.》を除けば、すべてがスタンダードナンバーという聴きやすさもあり、また、ピアノがソニー・クラーク、ベースがダグ・ワトキンスという組み合わせも、個人的にはツボなのです。 評論家のロバート・レビンは、この時期のモーガンを以下のように評しています。 「…

続きを読む

10/5発売! SOIL&“PIMP”SESSIONS『Magnetic Soil』

ソイル・アンド・ピンプ・セッションズの新譜が10/5にリリースされます。 約2年ぶり、7枚目のオリジナル・アルバムです。 ジャズをベースに、ロック、パンク、エレクトロ、ファンクなど様々な要素を吸収&消化して、刺激のある音作りをしているバンドならではの熱いサウンドをご堪能ください。 Amazonで予約する⇒MAGNETIC SOIL 楽天で予約する⇒MAGNETIC…

続きを読む

土濃塚隆一郎さん10月のライブ情報

フリューゲルホーン奏者、土濃塚隆一郎さん 10月のライブ情報です。 お時間ある方は是非! 10/1(土) 新宿SOMEDAY http://someday.net/index2.html 〒160-0022 新宿区新宿1-34-8 新宿御苑前ビルB1(やよい軒の地下) TEL:03-3359-6777 土濃塚隆一郎(flh)渡辺剛(p)池田達也(b)みどりん(…

続きを読む

Ornette Coleman『Tone Dialing』評

本日2011年9月26日より、ちょうど16年前の1995年9月26日に、オーネット・コールマンの『トーン・ダイアリング』がリリースされました。 アマゾンで購入⇒オーネット・コールマン/トーン・ダイアリング 打ち込み混じりのクリーミーなサウンドにのって、軽やかに、そして微妙に調子っぱずれなオーネットのアルトサックスが気持ちの良い、良い意味でアクの抜けた、それでいて、とっても…

続きを読む

トニー・ベネットの新譜『デュエッツII』10/5発売

トニーベネット生誕85年記念のアルバムが10/5にリリースされます。 下記収録曲をご覧になればわかるとおり、デュエットの相手は、大御所、ビッグネームばかりの豪華な内容。 しかも、日本盤には、日本のみのボーナス・トラック《星に願いを with ジャッキー・エヴァンコ》《霧のサンフランシスコ with ジュディ・ガーランド》も収録されたお得な内容となっています。 デュエッツII…

続きを読む

山下洋輔『Frozen Days』評

本日2011年9月25日より、ちょうど37年前の 1974年9月25日から28日にかけて、 山下洋輔トリオは『フローズン・デイズ』を録音しました。 Amazonで購入⇒FROZEN DAYS / 山下洋輔トリオ 楽天で購入⇒FROZEN DAYS / 山下洋輔トリオ 個人的には、これからの寒くなる季節、 灯油の香り漂う、こたつのある部屋で、 みかんやせんべい…

続きを読む