ブルーマンデイ? 曇った月曜日、これを聴いて元気になろう!

本日、曇り空。 12月も近い寒い陽気の月曜日。 テレビの天気予報では 洗濯物も乾きにくいなんていってますね。 なんだか、ふさぎ込んでしまいそうな一週間のスタート、 いわゆる「ブルーマンデイ」な気分の方も いらっしゃるかもしれませんが、 そんなときには、 エロール・ガーナーの 『コンサート・バイ・ザ・シー』を聴いて元気になろう! グイグイ押せ押せのビハインド…

続きを読む

LeeAnn Ledgerwood『Compassion』評

リー・アンレジャーウッドの『コンパッション』評をアップしました。 ⇒こちらです。 Compassion / Leeann Ledgerwood 《アフター・ザ・レイン》や《ネイマ》など、コルトレーンの愛奏曲に挑んだピアノソロ作品。 ハーモニー感覚がマッコイ・タイナーとはまったく違うピアニストゆえ、コルトレーンナンバーが、まったくコルトレーンチックに聴こ…

続きを読む

Ike Quebec『Heavy Soul』評

本日2011年11月26日より、ちょうど50年前の1961年11月26日に、テナーサックス奏者アイク・ケベックはブルーノートに『ヘヴィ・ソウル』をレコディングしました。 Heavy Soul/Ike Qubebec  アマゾンで購入⇒ヘヴィー・ソウル    楽天で購入⇒ヘヴィー・ソウル ミルト・ヒントンのベースとのデュオナンバー《ネイチャー・ボーイ》だけでも聴…

続きを読む

Ray Bryant『Con Alma』評

本日2011年11月25日より、ちょうど51年前の1960年11月25日に、レイ・ブライアントは、アルバム『コン・アルマ』に収録されている《マイルストーンズ》と《ジャンゴ》を録音しました。 コン・アルマ / レイ・ブライアント  アマゾンで購入⇒Con Alma    楽天で購入⇒Con Alma 歯切れの良いタッチとコク、キビキビとメリハリのあるアーティ…

続きを読む

圧巻!類家心平さんのトランペット映像

先日「HOT HOUSE」での3本のトランペットによるライブ映像をアップしたら、甲斐のジャズ聴き・いっきさんより、同じライブハウスでおこなわれた類家心平さんと清水絵理子さんの演奏が凄いっすよとお知らせいただき、早速見てみると、いやはや、カッコいいですがな(笑)。 マイルスの《ソーラー》をバリバリ吹きまくる類家さん、滅茶苦茶エネルギッシュ、バイタリティの塊、それをサポートする、という…

続きを読む

トランペット3台による《チュニジアの夜》

面白い映像を発見しました。 トランペッター3人のみによる《チュニジアの夜》の演奏。 トランペッターは、 類家心平、 市原ひかり、 松島啓之の3名です。 高田馬場の「HOT HOUSE」で行われた演奏風景ですが、映像から漂う雰囲気も、音も濃厚にジャズ! 3人の個性の違いがよく出ているユニークな演奏だと思います。 演奏が途中で切れてしまっているのが…

続きを読む

今月発売のアナログ盤情報

今月末、 11/29(火)に発売される ジャズ、アナログ盤(LPレコード)を掲載いたします。 特にLPの場合ですが、 発売日にアマゾンを覗くと 商品によっては発売前の予約が殺到し、 発売日の時点から 既に品切れとなっていることが多いんですよ。 したがって、気になる盤があれば、 発売日前でもアマゾンでは予約が可能なので、 早めに予約してしまうことをオススメします…

続きを読む

【本日ライブ】国貞雅子in Apple Jump

本日、池袋の「Apple Jump」にて、実力派シンガー国貞雅子さんのライブがあります。 サイドマンとして、フリューゲルホーン奏者、土濃塚隆一郎さんも参加します。 11/22(火) 池袋 Apple Jump 国貞雅子(vo) 清水絵理子(p) 土濃塚隆一郎(flh) Charge:¥2,500 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-33-17 東武西…

続きを読む

Pat Martino『Undeniable』評

パット・マルティーノの『アンディナイアブル』評をアップしました。 ⇒こちらです。 Undeniable/Pat Martino アマゾンで購入⇒Undeniable   楽天で購入⇒Undeniable とにかく、ノリノリ、ゴキゲンなライブアルバムです。 ドラムがジェフ・テイン・ワッツ、 オルガンがトニー・モナコ(←なかなか素晴らしいのです) …

続きを読む

John Coltrane『Live At Birdland』評

本日2011年11月18日より ちょうど48年前の 1963年11月18日に、 ジョン・コルトレーンは 『ライブ・アット・バードランド』に収録されている 《アラバマ》と《ユア・レディ》を演奏しました。 Live at Birdland/John Coltrane アマゾンで購入⇒Live at Birdland   楽天で購入⇒Live at Birdland…

続きを読む

Cannonball Adderley『Cannonball Adderley In San Francisco』評

キャノンボール・アダレイって、個人的には自ら進んで積極的にアルバムを聴くジャズマンではないのですが、たまに何も聴くものが思い浮かばないときにふと手を伸ばして何の気なしに聴くと「うーん、やっぱり、いいな」と思うジャズマンの一人です。 彼の代表作の1枚『イン・サン・フランシスコ』を久々に聴いてみましたが、うん、やっぱりエエわ。 まとまったアンサンブル、盛り上げの緩急をわきまえたキャノンボ…

続きを読む

【11/16発売】マイルス/ライブ・イン・ヨーロッパ1967 お買い得情報

11/16に発売されるマイルス・デイヴィス『ライヴ・イン・ヨーロッパ1967-ブートレグ・シリーズVol.1(DVD付) 』を、今、アマゾンで予約をすると、 定価8,400円のところ、 15%オフの6,877円で買うことができます。 1,523円もお得です♪ Live in Europe 1967 Vol.1(DVD付) アマゾンで予約⇒ライヴ・イン・ヨーロ…

続きを読む

Benny Goodman『Clarinet A La King vol.2』評

本日2011年11月13日より、ちょうど71年前の1940年11月13日に、ベニー・グッドマンは『クラリネット・ア・ラ・キング vol.2』に収録されている《ヘンダーソン・ストンプ》を録音しました。 Clarinet a La King 2/ Benny Goodman アマゾンで購入⇒A La King 2 グッドマンの軽やかでノリのよいクラリネットが疾走するテー…

続きを読む

【本日ライブ】土濃塚隆一郎in東中野セロニアス

本日、フリューゲルホーン奏者、土濃塚隆一郎氏のライブが東中野「セロニアス」にて行われます。 ピアノとのデュオをじっくりとお楽しみください。 11/13(日) 東中野セロニアス 土濃塚隆一郎(flh) 森下滋(p) http://www6.ocn.ne.jp/~monk/ 東京都中野区東中野4-3-1 B1F TEL:03-3365-0572 To…

続きを読む

【本日ライブ】土濃塚隆一郎in名古屋SWING

フリューゲルホーン奏者、土濃塚隆一郎さんがゲスト参加のライブが、本日「名古屋SWING」にてあります。 お近くにお住まい、お勤めの方は足を運ぼう! 11/12(土) 名古屋SWING 森谷ワカ(vo.p) 名古路一也(b) 青木弦六(g) 河村亮(dr) ゲスト:土濃塚隆一郎(flh) 名古屋市東区東桜1-10-15 TEL:052-951-608…

続きを読む

Tommy Flanagan『Overseas』評

今朝から東京は、肌寒くなってきた気候にさらに拍車をかけるかのような冷え冷えとした雨が降っています。 皆さまお風邪などひかれぬよう。 暖かい部屋で飲む、暖かいコーヒーやココアが恋しくなるような日ですが、と同時に暖かくリラックスできる音楽もあったほうがいいですよね。 今、私はコーヒーを飲みながら、久々にトミー・フラナガンの『オーヴァー・シーズ』を聴いています。 …

続きを読む

土濃塚隆一郎さんライブ情報

フリューゲルホーン奏者、土濃塚隆一郎さんのライブ予定をお知らせします。 今月12日から、来年までのライブ予定となります。 ラッシュトーンを浴びに行こう! 11/12(土) 名古屋SWING http://www.jazzinnlovely.com/ 名古屋市東区東桜1-10-15 TEL:052-951-6085 森谷ワカ(vo.p)名古路一也(b)青木弦六(g)…

続きを読む

Eddy Louiss & Michel Petrucciani『Confernce Presse...(Duo In Paris)』評

そろそろ「秋ですね」とは 言い難い季節になってきましたが (あと1ヶ月少々で今年も終わりだなんて信じられません……) やっぱり時折、 この季節には ベタですが《枯葉》を聴きたくなることがあります。 ジャズで演奏された 星の数ほどの《枯葉》の中でも 個人的に愛聴するベスト3にはいるぐらい 大好きな《枯葉》が、 オルガン奏者エディ・ルイスと、 ピニストのミシェル…

続きを読む

Mal Wardron『Mal-1』評

本日2011年11月9日より、ちょうど55年前の1956年11月9日に、マル・ウォルドロンはリーダー作の『マル1』を録音しました。 Mal 1 / Mal Waldron アマゾンで購入⇒Mal 1   楽天で購入⇒Mal 1 『レフト・アローン』のみを聴いて満足するのは勿体ない! 是非、彼の特徴あるピアニズムをこのアルバムで味わって欲しいと思います。 …

続きを読む

Pat Martinoの『Undeniable』

最近、私のヘヴィローテーションは、 パット・マルティーノの新譜 『アンディナイアブル・ライヴ・アット・ブルース・アレイ』です。 詳しくは甲斐のジャズ聴き・いっきさんもブログに書かれていますが(⇒こちらです)、とにかくノリノリ。 聴いていて、とても気持ちの良いアルバムです。 Undeniable / Pat Martino アマゾンで買う⇒Undeniabl…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ