マイルス長期引退直前の2枚

1975年から80年までのマイルスは謎に包まれており、様々な噂を憶測を呼んだ。彼のおびただしい病気――関節炎、滑液嚢炎、胃潰瘍、喉頭のポリープ、肺炎、感染症、股関節の度重なる手術――は、アルコール、バルビツール、コカインの大量摂取によって苦痛や退屈をしのごうとする患者自身の試みが仇となったものだ。彼は、不潔な注射針で様々な薬物を足に打ち続けた結果、ある日突然歩行さえも困難になり、最悪の場合、…

続きを読む