矢野顕子×上原ひろみのCDを聴きながら

いろいろあった1年ですが、 早いもので、もう大晦日。 引き続き来年もよろしくお願いいたします。 矢野顕子X上原ひろみの『ゲット・トゥゲザー~ライブ・イン・トーキョー』の《ラーメン食べたい(ソー・ホワット!?)》を聴きながら。 Get Together ~LIVE IN TOKYO~(初回限定盤)(DVD付)   アマゾンで購入⇒Get Together 矢野顕…

続きを読む

トミフラの《ダラーナ》が染みる!

ここのところ連日飲みで、タクシー帰りの日々(涙)。 昨日も深夜にヘベレケになって帰宅し、 手が伸びたアルバムが、トミー・フラナガンの『オーバーシーズ』。 2曲目の《チェルシー・ブリッジ》が大好きで、それを聴こうと思ったのですが、昨日は《ダラーナ》が染みましたね。 追い酒の日本酒を飲みながら、うーん、いい気分。 エレガントな《柳よ泣いておくれ》もいい感じで…

続きを読む

Bud Powell『The Scene Changes』評

The Scene Changes/Bud Powell 本日2011年12月29日より、ちょうど53年前の1958年12月29日に、バド・パウエルはブルーノートにアルバム『ジ・アメイジング・バド・パウエルvol.5 ザ・シーン・チェンジズ』を吹きこみました。 《クレオパトラの夢》で有名な名盤ですが、もちろんこの演奏も素晴らしいことは言うまでもありませんが、この1曲を単体で抽出し…

続きを読む

JUJUが先ほど「特ダネ!」に出演していましたが

先ほど、歌手のJUJUが フジテレビの「特ダネ!」に出演し スタジオ生ライブを披露していました。 途中から見たので、 細かな経緯は分かりませんが、 下に貼り付けたCDのプロモーション出演のようでした。 DELICIOUS(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Editi... 演奏ナンバーは、 このCDのテレビCMにも使わ…

続きを読む

John Coltrane『Transition』評

村上春樹・訳のジェフ・ダイヤーの著書 『バット・ビューティフル』は、 もちろん、本編も面白いのですが、 ジャズマニアにとっては、 あとがきも面白いのではないかと思います。 バット・ビューティフル / ジェフ ダイヤー (著) 村上春樹(訳) 著者のジャズ観、 ジャズとはいったいなんなのかが、 歴史をふまえて闊達に語られており 特に私はコルトレーンとエ…

続きを読む

クリスマスといえばバグズ・グルーヴなのだ

クリスマスイブです。 クリスマスといえば、 サンタさんや、 トナカイや、 クリスマスツリーや、 美しいイルミネーションや、 山下達郎や、稲垣潤一や、松任谷由美のクリスマスソングや、 シャンパンや、フライドチキンや、 煙突や靴下などを 思い浮かべがちですが、 もちろん私もそれらのことは 普通に連想するのですが、 でも、やっぱり、 私にとってクリスマスと…

続きを読む

マクロスプラスの《After In The Dark》は最高なのだ。

今日はちょっとジャズから離れて。 甲斐のジャズ虎・いっきさんが 先日ブログにマクロスネタをアップしていたので(⇒こちら)、 インスパイアされまくった私も 本日はマクロスネタということで(笑)。 私は「マクロス」は大好きで、 作品にはすべて目を通しています。 どの作品も好きなのですが、 特にジャパニメーションとして製作された「マクロスプラス」が、米空軍色…

続きを読む

村上春樹訳の『バット・ビューティフル』セロニアス・モンクの章を読みながら

ジェフ・ダイヤー(著)、村上春樹(訳)の 『バット・ビューティフル』が面白い! 「まるで見て書いてきたような嘘だ」などと揶揄する向きもあるかもしれませんが、どこまでが真実で、どこまでが想像なのかなどと、いちいち根掘り葉掘るのは野暮というものです。 ジャズ愛に満ちた著者が、一粒の創作(フィクション)を織り交ぜることによって、かえってそれが生き生きとしたジャズマ…

続きを読む

Charlie Rouse『Yeah!』評

本日2011年12月20よりちょうど51年前の1960年12月20日(と21日)に、テナーサックス奏者のチャーリー・ラウズはアルバム『ヤー!』を録音しました。 ヤー! [Original recording remastered] / チャーリー・ラウズ  アマゾンで購入→Yeah!    楽天で購入→Yeah! セロニアス・モンクとの共演音源だけを聴…

続きを読む