シェリー・マンの「ブラックホーク」vol.1~5 Shelly Manne『Live at the Black H…

シェリー・マンの『アット・ザ・ブラックホーク』は、vol.1から5まで、どれもが充実したクオリティ、演奏内容です。 ま、それもそのはず。 自分のバンドが絶好調だからこそ、シェリー・マンは、コンテンポラリーレーベルの社長・レスター・ケーニッヒに録音を依頼して世に送り出してもらった作品なのですから。 休日などを利用して、ま…

続きを読むread more

フランクフルトのフィル・ウッズとヨーロピアン・リズム・マシーン

先日、世界初CD化作品として発売された『フランクフルトのフィル・ウッズとヨーロピアン・リズム・マシーン』は、1970年3月21日にドイツ「フランクフルト・ジャズ祭」でのエキサイティングなライブ演奏が記録されたもの。 はやくも演奏開始数音目からグロウルをかけた歪んだトーンで生々しく迫ります。 ウッズの勢い尽きることの無いバイタ…

続きを読むread more

Roy Ayers『Stoned Soul Picnic』評

先日5月23日に大量にジャズの復刻、再発、新譜が発売されましたが、そのなかでお勧めの1枚。 ソウル(ファンク)ヴィブラフォン奏者、ロイ・エアーズの『ストーンド・ソウル・ピクニック』。 ストーンド・ソウル・ピクニック/ ロイ・エアーズ なにせ面子が凄い。 ハービー・ハンコックを筆頭に、 トランペットがチャ…

続きを読むread more

なぜ今日もシウマイ弁当を買ってしまうのか? ラズウェル細木

名著『ときめきJAZZタイム』の著者でもある ラズウェル細木氏の新刊、 本日発売です(・∀・)b なぜ今日もシウマイ弁当を買ってしまうのか?作者: ラズウェル 細木出版社: 集英社発売日: 2012/05/25メディア: 単行本

続きを読むread more

Herbie Hancock『Sperk Like A Child』評

どうもジャズばかり聴いていると、個々の楽器の音に耳がいく癖が出来てしまい、結果、あのジャズマンの演奏や音色がどうだみたいな話になってしまいがちなのですが、たまには、一つ一つの楽器を耳で追いかけるのをやめて、全体の雰囲気、空気感に浸るのも悪くありません。 ハービー・ハンコックの『スピーク・ライク・ア・チャイルド』なんか、そんな気…

続きを読むread more