小野リサのベストアルバム『Laguna Azul』

小野リサのアルバム 『カトピリ』 『ナナン』 『ミニーナ』 をメインに選曲したベスト・アルバムが7月4日に発売されます。 いずれも、彼女のキャリア初期のアルバムですが、 個人的にもこの時期の作品群は大好きで 夏を心地よく過ごすには最適のディスクといえましょう。 私は上記アルバムの中では、 『ナナン』というアルバムが特に好きなのですが、このアルバムに収録されている…

続きを読む

The Three Sounds『Moods』評

本日2012年6月28日より、ちょうど52年前の1960年6月28日に、ピアニストのジーン・ハリスがリーダーのピアノトリオ「ザ・スリー・サウンズ」は、ブルーノートにアルバム『ムーズ』を吹きこみました。 ムーズ / ザ・スリー・サウンズ ベーシストのアンドリュー・シンプキンス奏でる 「油田のように沸きあがるベース」 が、なんとも快感極楽な聴きやすいゴキゲンなピアノトリオ…

続きを読む

ジャズ批評 No.168 2012年7月号

先日発売された『ジャズ批評 No.168 2012年7月号』の特集は、 「ジャズ365日名曲を聴こう♪vol.2」。 前号に引き続き、 その日が誕生日や命日のアーティストの名演を聴こうという特集です。 今回も私、寄稿させていただいています。 アーティスト20人ほど。 是非、読んでみてください。 ジャズ批評 2012年 07月号 [雑誌]/ 松坂 (刊) …

続きを読む

ベン・ウェブスターとケニー・ドリュー・トリオ

Live In Denmark/Ben Webster & Kenny Drew 今、聴いているのが、『ベン・ウェブスターとケニー・ドリュー・トリオ』。 コペンハーゲンに居を移したベン・ウェブスターが、 移住1年後、 すでに彼の地で活動の基盤を築き上げていたピアニスト、ケニー・ドリューと共演したアルバムです。 落ち着いた大人の風格。 とはいえ、アート・テイ…

続きを読む

Claus Raible 『Claus Raible Trio』評

本日2012年6月22日より、ちょうど13年前の1999年6月22日(と23日)に、ピアニスト クラウス・レイブルは、『クラウス・レイブル・トリオ』を録音しました。 Introducing the Exciting Claus Raible Trio きわめてオーソドックスなハードバップテイストのピアノトリオですね。 刺激的な要素はないかわりに、最後まで安定した内容ゆえ…

続きを読む

川上さとみ『Innocent Eyes』評

ムードミュージック。 なんて書くと、本人およびファンや関係者からは怒られてしまいそうですが、川上さとみの『イノセント・アイズ』を深夜、ボリュームを落として聴くと、なんともいえぬブルーなムードに空気が染まります。 イノセント・アイズ / 川上さとみ, 上村信, 田鹿雅裕 もちろん演奏の中にはスリリングな要素もあるし、ジャズ的刺激もあるのだけれども、このアルバムから私が…

続きを読む

Curtis Fuller『The Opener』評

本日2012年6月16日より、ちょうど55年前の1957年6月16日に、 トロンボーン奏者 カーティス・フラーは ブルーノートに『ジ・オープナー』を録音しました。 トロンボーン特有のなごみ。温かみ。マイルドさ。 聴くとゴキゲン。 ハンク・モブレイのテナーもいい感じ。 ボビー・ティモンズのピアノもいい感じ。 円みと和み。 いいアルバムです。 …

続きを読む

エロール・ガーナー92歳の誕生日

今日はエロール・ガーナーの生誕日。 1921年6月15日生まれのガーナーは、生きていたら92歳の誕生日になるわけですね。 ガーナーといえば《ミスティ》の作曲者として有名ですが、やはり彼のアルバムの中でもっとも素晴らしい演奏内容のアルバムは『コンサート・バイ・ザ・シー』でしょう。 Concert By the Sea / Erroll Garner このアル…

続きを読む

バディ・デフランコの3枚(スウィート・アンド・ラヴリー/イン・ア・メロウ・ムード/ジャズ・トーンズ)

先日再発されたバディ・デフランコのCDを3枚買ってみました。 クラリネット奏者のバディ・デフランコは、『ミスター・クラリネット』しか持っていなかったんですよね。 ミスター・クラリネットアーティスト: バディ・デフランコ(+ケニー・ドリュー,ミルト・ヒントン,アート・ブレイキー)出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2012/03/21メディア: CD…

続きを読む