瀬川昌久

日本人でチャーリー・パーカーの生演奏を聴いた人といえば 瀬川昌久氏が有名ですね。 氏は1953年に富士銀行のニューヨーク支社に転勤し、 翌年に帰国するまで3回聴いたそうです。 バードランドで、 カーネギーホールで、 ブルックリンのパラマウント劇場で。 パーカーが亡くなったのが1955…

続きを読むread more

J.J.ジョンソン ヴィヴィアン

名手は晩年も名手だった。 じっくりと「聴かせる」トロンボーンを吹くJ.J.ジョンソン。 円熟味増した深い味わい。 1992年録音の『ヴィヴィアン』は、 暖かなメロディの玉手箱とでもいうべき内容です。 耳に馴染んだスタンダード群、 特に奇をてらったアプローチをしているわけでは…

続きを読むread more

ファントム・ナビゲーター

ウェイン・ショーターのコロンビア時代のリーダー作 『ファントム・ナビゲーター』。 これ、ショーターのヴォーカル(スキャット)が聴けるということで有名なアルバムなんですが、だからといって色ものでも珍盤というわけでもなく、非常にショーターらしい内容のアルバムだと思うんですよね。 1曲目から飛ばしまくります。…

続きを読むread more

レフト・アローン

ビリー・ホリデイ作詞、 マル・ウォルドロン作曲の有名曲 《レフト・アローン》。 残念ながら、ビリー・ホリデイ歌唱のバージョンは残されていません。 ですので、 ビリーが歌う《レフト・アローン》の内容は 想像の翼を拡げるしかありません。 ただ、アビー・リンカーンが アルバム『ストレ…

続きを読むread more