J.J.ジョンソン ヴィヴィアン

名手は晩年も名手だった。 じっくりと「聴かせる」トロンボーンを吹くJ.J.ジョンソン。 円熟味増した深い味わい。 1992年録音の『ヴィヴィアン』は、 暖かなメロディの玉手箱とでもいうべき内容です。 耳に馴染んだスタンダード群、 特に奇をてらったアプローチをしているわけではなく、 いや、する必要もなく、 ストレートに真心こめて吹…

続きを読む