フランク・シナトラ ベイシー楽団

フランク・シナトラが ラスベガスのホテル「サンズ」で行ったコンサート。 『Sinatra At The Sands』。 バックバンドはカウント・ベイシー楽団。 編曲と指揮はクインシー・ジョーンズ。 極上の組み合わせですね。 LPでは、時間の関係上カットされているということで、 71分の極上タイムをノーカットで満喫したい…

続きを読む

生と死の幻想

長らく その辛気臭さゆえ あまり好きになれなかったアルバム。 生と死の幻想アーティスト: キース・ジャレット,デューイ・レッドマン,チャーリー・ヘイデン,ポール・モチアン,ギレルミ・フランコ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2011/07/20メディア: CD しかし、その辛気臭さは、 時代背景が伴った表層的なスパイスのようなも…

続きを読む

ノー・モア・ティアーズ~フォー・レディ・デイ

ビリー・ホリデイを偲ぶマル・ウォルドロンといえば、 なんといっても名盤『レフト・アローン』が有名で、 アルバムラストには、ビリーの思い出を語るモノローグまでが1曲として収録されちゃっていぐるぐらいなんですが、それだけではなく80年代になってもマルはビリーを偲ぶアルバムを録音しているんですね。たぶん企画ものだと思うけど。 『ノー・モア・ティアーズ~…

続きを読む

ファースト・プレイス・アゲイン ポール・デスモンド

本日発売! 《テイク・ファイヴ》の『タイム・アウト』と同時期の録音。 ファースト・プレイス・アゲインアーティスト: ポール・デスモンド出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2012/08/08メディア: CD▼パーソネル ポール・デスモンド(as) ジム・ホール(g) パーシー・ヒース(b) コニー・ケイ(ds) ▼録音 1959年9月5…

続きを読む

マイルスとプリンス

マイルス・デイヴィスは 1985年に長年(約30年)契約していたコロムビアを離れワーナーに移籍。 1986年に『TUTU』を発表した。 TUTU -DELUXE- マイルスがワーナーに移籍した背景には、 当時ワーナーに在籍していた プリンスの薦めが大きかったという。 当時のプリンスのアルバム。 ↓ ある意味、この『アラウンド・ザ・…

続きを読む

Casino Lights 99

ボブ・ジェームズ、 ラリー・カールトン、 ジョージ・デューク、 フォープレイなどなど、 フュージョン好きにはたまらない映像ばかり。 映像も奇麗で、価格は1000円ちょっと。 Casino Lights 99 [DVD] [Import]出版社/メーカー: Wmvメディア: DVD▼収録演奏 1. Mind Games - Bob James Trio 2. O…

続きを読む

ア・トライブ・コールド・クエスト

最近、ジャズ好きがヒップホップを「学習」し、 聴覚の幅を広げたり、 あるいはブラックミュージックの歴史を 再構築しようという動きが 流行とまではいかないけれども、 そのような気運がジャズ聴きたちの中にあるようにも感じる今日この頃なんですが、 ▼この本の影響? ジャズ・ヒップホップ・マイルス作者: 中山 康樹出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2011/09…

続きを読む

ミュジック・デュ・ボア

フィル・ウッズがヨーロッパで活躍後、 アメリカに帰国した直後の作品。 ピアノがジャッキー・バイアード、 ベースがリチャード・デイヴィス、 ドラムスがアラン・ドーソン。 ひと癖もふた癖もある 個性的なメンバーたちによって形成されたリズムセクション。 それゆえ、ワンホーン・カルテットというシンプルな編成ながらも、アンサンブルの奥行きは深い…

続きを読む