ニュー・トリスターノ

雨が降るたびに涼しさが増す今日この頃。 秋が近付いてきます。 涼しく、日が短くなってきている日々の夜は、 色々なものごとをじっくりと考える良い機会。 そんなときは、 レニー・トリスターノの 『トリスターノ』のような厳格なピアノが相応しいのではないかと。 厳格すぎるかな? しかし、恐ろしいほど深~いのです。 New …

続きを読む

JAZZ雑文集 寺島靖国

結局、なんだかんだで 引き込まれちゃうんだよなぁ。 知らないミュージシャンの話でも、 ジャズに感じるツボが違っていても。 そのあたり、やっぱり寺島靖国さんはウマい!としかいいようがない。 ジャズを題材とした、 稀代のエッセイストというと、 ちと褒めすぎですかね(笑)。 JAZZ雑文集 (DU文庫)作者: 寺島 靖国出版社/メーカ…

続きを読む

モントリオール1982 ソニー・ロリンズ

学生時代から飽きることなく繰り返し観ている映像がコレ。 モントリオール1982 [DVD]出版社/メーカー: ビデオアーツミュージックメディア: DVD 2ギターにドラム、ベースというリズムセクションで、 ギターは、ボビー・ブルームに増尾好秋、 ベースはボブ・クランショウ、 ドラムスはジャック・ディジョネットという 今おもえばかなりの豪華メンバー。 …

続きを読む

シナトラとジョビン Sinatra/Jobim: The Complete Reprise Recordings

ジョビンとシナトラ、 夢の共演。 ボサノヴァというよりは、 ゴージャス・ディナーショウ音楽という感じもしなくはないけれども、しかし、プロフェッショナルならではの絢爛さと、その陰に微妙に宿るせつなさのスパイスが心のひだにじわりときます。 成熟した大人の音楽として お楽しみください。 Sinatra/Jobim: The Complete Repris…

続きを読む

ケニー・バレル ソロ・ギター・コンサート

ケニー・バレル、78歳のときのライブです。 今から3年前の2009年にボストンにて、 ギター1本で挑んだソロコンサート。 これを聴いて感じるのは、 ケニー・バレルは 良い意味で変化をしていないんだなということ。 彼流のスタイルは、すでにブルーノートからリーダー作を発表していた頃から完成されており、あとは、自分の表現を深く深く掘り下げていくギ…

続きを読む

ロバート・グラスパー Black Radio Recovered: the Remix Ep

ロバート・グラスパーのリミックス盤が来月発売されますね。 700円という廉価。 ま、リミックスだからなんでしょうね。 Black Radio Recovered: the Remix Ep [EP, Import... 気軽にサクッといい気分になれるロバート・グラスパーの『ブラック・レイディオ』。 このサウンドがどう手入れ…

続きを読む

ヘレン・メリル ウィズ・ストリングス

先日、廉価(\1,100)で再発された 『ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス』。 《ユード・ビー・ソー・ナイス~》は入っていないけれども(というか、この曲だけが彼女の良さじゃないし)、これからの秋の季節にはじっくりと聴ける内容だと思います。 特に、《ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ》なんかいいですよ。 いまはまだ残暑なもので、 じっくり聴こうって…

続きを読む

ライヴ・イン・マルシアック 上原ひろみ

上原ひろみの新譜『ムーヴ』にガツーン!とやられた人は、是非、映像のほうも。 メンバーは、『ムーヴ』と同じく、アンソニー・ジャクソンとサイモン・フィリップスのザ・トリオ・プロジェクトです。 昨年の2011年10月26日から30日までの5日間、 5つの都市(ケルン、ブラティスラヴァ、ザルツブルグ、チューリッヒ、サシーレ)でのメイキング映像もオマケについています。…

続きを読む

上原ひろみ 新譜

上原ひろみの新譜、 なかなか良いです。 ムーヴ [SACD] / 上原ひろみ, アンソニー・ジャクソン, サイモン・フィリップス かっこいい。 演奏のクオリティ高すぎ! 先日は、アンソニー・ジャクソンのベースが聴ければいいや的なことを書いたけど、いやいやピアノもドラムもすばらしいです。 唯一の欠点は、 真剣に聴くと、こちら…

続きを読む

EVANS BRADSHAW TRIO

フィニアス・ニューボーンJr.と同じく メンフィス出身。 しかも、フィニアスとは少年時代は友達だったというエヴァンス・ブラッドショウ。 フィニアスほど有名ではないけれども 彼のピアノもなかなか良いですよ。 このトリオ、 ドラマーには、 あのフィリー・ジョーが参加しています。 《ジョージア・オン・マイ・マインド》が染みる! …

続きを読む