ザ・リマーカブル・カーメル・ジョーンズ

昨日も紹介した歌うトランペッター、カーメル・ジョーンズのデビュー作『ザ・リマーカブル・カーメル・ジョーンズ』。 ワンホーンで伸び伸びとしたプレイが気持ちよいのです。 これ聴くと、ほんと、清々しい気分に。 「知る人ぞ知るトランペッター」のままにしておくのが勿体無い、 もっと聴かれてしかるべきジャズマンだと思います。 ザ・リマーカブル・カーメル・ジョーン…

続きを読む

Garland Of Red Red Garland

さり気なく極上。 たまに聴くと、うっとり気分と高揚気分がほどよくブレンドされた快適状態へ。 ガーランドの初リーダー作にして、 (個人的には)最高の出来のピアノトリオのアルバムです。 Garland of Redアーティスト: レッド・ガーランド出版社/メーカー: Ojc発売日: 1991/03/12メディア: CD

続きを読む

ACROSS THE UNIVERSE akiko

akikoの『アクロス・ザ・ユニヴァース』。 ことさらジャズっぽいとか、 ぽくないとか、 ビートルズナンバーの解釈云々などと そういったことは、 あまり考えず、 サクッと爽やかなアルバムとして聴くことが、 もっとも適切な距離感のような気がしますね。 さくっ! さらっ! ここらがポイントなのではないかと。 ▼収録曲 1…

続きを読む

Love Letter Roy Haynes

ロイ・ヘインズはやっぱり凄い! 2002年のロイ・ヘインズのアルバム『ラヴ・レター』。 あきれるほど、無敵なドラミング! 煽られまくるジョシュアにジョンスコ! 「老いてますます盛ん」 そんなありきたりな言葉がそのままピッタリと当てはまらざるを得ない、驚異のロイのドラム力。 ドラムの音色が鮮明&リアルなことも嬉しい、 ジャズドラムの…

続きを読む

JAZZ JAPAN Vol.27  2012/10/23発売

JAZZ JAPAN Vol.27、本日発売。 JAZZ JAPAN Vol.27/ヤマハミュージックメディア ■転機 矢野沙織×日野皓正 ミュージシャンシップがもたらした10年目の成果 矢野沙織が日野皓正のサポートのもとシーンに復帰,待望の新作をリリースする。 →矢野と日野の新作リリースまでの知られざるエピソードを紐解くHIROMI + PARCO … or F…

続きを読む

Party Time Arnett Cobb

ガッツリとお腹いっぱい、 黒々エキサイティング。 おトクなカップリング盤が出ました。 漢なテナー、アーネット・コブ。 1959~60年の録音で、 アルバム『パーティ・タイム』、 『モア・パーティ・タイム』、 『ムーヴィン・ライト・アロング』 の3枚分が、 2枚組CDになったものです。 ピアノが ボビー・ティモン…

続きを読む

たるんだ朝にはウッズを聴け!

気合一発、 フリーダム・ジャズダンス! たるんだ朝にはウッズを聴け! 『フランクフルトのフィル・ウッズとヨーロピアン・リズム・マシーン』ね。 ガツンと気合いを注入しましょう。 特に、憂鬱になりがちな明日、月曜日の朝には。

続きを読む

Ezz-Thetics George Russell

ジョージ・ラッセルの『Ezz-Thetics』。 本作の魅力は、なんといっても ラストのエリック・ドルフィーによる肉感的すぎる生々しい《ラウンド・ミッドナイト》。 でも、これはドルフィー個人のキャラにより魅力ある演奏になっていることもあり、ではラッセルの魅力はといえば、なんといってもタイトルナンバーでしょうね。 ヌラりとした光沢を放ちながら疾走…

続きを読む

Now Here This ジョン・マクラフリン

もう70をこえているそうですが、 いくつになっても 変わることない マクラフリンにしか出せないテンション。 そして衰え知らずのテクニック。 ジョン・マクラフリンがまたもや傑作を出してくれました。 本日発売。 Now Here Thisアーティスト: ジョン・マクラフリン出版社/メーカー: Abstract Logix発売日: 2012/10/16メディア…

続きを読む