ニューヨークの秋 タル・ファーロウ

日本盤のジャケットがいいんですよ。 なかなかいい雰囲気。 タル・ファーロウの『ニューヨークの秋』。 タイトルナンバーの演奏が素晴らしく、 もう冬ですが、季節関係なしの名演ですね。 もちろんタルのギターも素晴らしい躍動感。 さらに、個人的にはピアノのジェラルド・ウィギンスがツボ。 主役…

続きを読むread more

Monk's Musicのオリジナル・リマスターCD Thelonious Monk

曲間に挟まれた別テイクが抜けただけで、こんなにスッキリ聴きやすい。 これが本来のレコード時代の順番だったんだね、となにをいまさらって感じではあるけれども、改めてしみじみと。 このアルバム、よりいっそう好きになりそうです。 Monk's Music [CD, Original Recording …

続きを読むread more

Picture of Heath Jimmy Heath

『ピクチャーズ・オブ・ヒース』。 ハードバップ好きにはたまらない1枚。 安心して安定した演奏を楽しめます。 なにせ、ピアノがバリー・ハリス、 ベースがサム・ジョーンズ、 ドラムがビリー・ヒギンズ というリズム隊なのですから。 ヒースのワンホーンを存分にご堪能あれ! Pict…

続きを読むread more