Bud Powell In Paris

Bud Powell In Paris/Bud Powell 聴けば聴くほど「通」向けのアルバムなんじゃないかと思い始めている今日この頃。 もちろん、後記パウエルの諸作の中では、 初心者にもとっつきやすいキャッチーな要素も多いのだが、その表現の奥底にある「侘び寂び」のようなものをキャッチし、かつそれを慈しめるようになるまでは、ある程度の年季が必要なんじゃないかとも思うのです…

続きを読む