チャーリー・クリスチャン

べつに比較しても仕方がないのだけど、 『ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン』を聴いちゃうと、 しらばくは、 「ほかのギタリストさんたち、全員さようなら!」 ぐらいな気分になってしまう。 それほど、彼の弦の音は力強く 古い録音からもクリエイティブなパワーが目も眩むほどの勢いで放射されているのです。 小言戯言蘊蓄を軽々とねじ伏せてしまうだけの音のパワー…

続きを読む