ブルースをそっと歌って アート・ファーマー

カーラ・ブレイの名曲の旋律に、 アート・ファーマーのマイルドなフリューゲルホーンがよく似合う。 その柔らかさに、 硬めのピアノのスティーヴ・キューン、 そして鋭角的なピート・ラロカのドラミング。 サウンドキャラクターの配合バランスが素晴らしいアルバムなのです。 アルバムの音を象徴するかのような 素敵なジャケットもグー(・∀・)b ブルースをそっ…

続きを読む