Unity Band Pat Metheny

遅ればせながら、 いいですね、これ(・∀・)b メセニーファンから オーソドックスなジャズ好きまで、 誰もが納得な内容なのではないかと。 爽やか・疾走・暖かな透明感 メセニー三拍子、 かわらず健在 ▼収録曲 1. ニュー・イヤー 2. ルーフドッグス 3. カム・アンド・シー 4. ディス・ビロングス・トゥー・ユー 5. …

続きを読む

1987・ハンブルグ・コンサート オーネット・コールマン

1987年10月29日、 ハンブルクで行われたコンサートの模様が収録されています。 なんといっても、メンバーが嬉しいですね。 オーネットを筆頭に、 ドン・チェリー(tp)、 チャーリー・ヘイデン(b)、 ビリー・ヒギンズ(ds)。 おお、『ジャズ来るべきもの』のパーソネルではないか! 年月経ても、オーネットとチェリーのコンビネーションは鉄壁です。 …

続きを読む

アルバータ・ハンター

独特のアクの強さゆえか、 そうしょっちゅう聴くシンガーではないけれども、 アルバータ・ハンターのヴォーカルは たまに聴くと、やっぱり「深い」。 Amtrak Bluesアーティスト: Alberta Hunter出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.発売日: 1987/01/01メディア: CD▼収録曲 1. The Darktown Strutters'…

続きを読む

ジャズ批評 2013年03月号 マイ・ベスト・アルバム 2012

『ジャズ批評』の最新号、 発売されましたね。 特集は「マイ・ベスト・アルバム 2012」。 私も寄稿しています。 選んだ5枚は、 新譜3枚、 国内初CD化の復刻2枚。 すべて、このブログで紹介したものばかりです(紹介していなかったものがあったらゴメンなさい)。 さて、何を選んだのかというと、 ぜひ、ジャズ批評誌をご覧になってくださいm…

続きを読む

ブレーメン・コンサート チャールス・ミンガス&エリック・ドルフィー

ミンガス1964年のヨーロッパ・ツアー。 ブレーメンでの公演がCD2枚に収録されています。 1曲目、2曲目…… まだかまだかとドルフィーの登場を待ちわびるのも、これまた楽し。 やっぱりミンガスとドルフィーが形成する濃厚な空気はいいですね。 ミンガス・ファンのマストアイテム。 ドルフィー・ファンは、 当然持ってる、よね?(・∀・)b THE …

続きを読む

クンビア・アンド・ジャズ・フュージョン チャールス・ミンガス

これぞミンガス流・快楽ミュージック! 浸ってください。 まったく飽きません。 クンビア&ジャズ・フュージョンアーティスト: Charles Mingus出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2013/02/20メディア: CD ▼こちらのページにレビューを書いています。 カフェモンマルトル

続きを読む

ジャズ・ジャイアンツ レスター・ヤング

これは凄い! 花形メンバー勢ぞろい! トランペッター、ロイ・エルドリッジ! トロンボーン、ヴィック・ディッケンソン! ピアニスト、テディ・ウィルソン! ギタリスト、フレディ・グリーン! ベーシスト、ジーン・ラミー! ドラマー、ジョー・ジョーンズ! まさにタイトルどおり 「ジャズの巨人たち」な顔ぶれ。 演奏ももちろん折り紙つき。 ち…

続きを読む

Rollins Plays For Bird Sonny Rollins

チャーリー・パーカーがかつて愛奏したナンバーに取り組むロリンズ。 興味深いのが“バード臭”がほとんどなく、 “ロリンズ臭”に塗り替えられているところ。 (あるいは、塗り替わってしまっているとところ) しかも、ロリンズ特有の陽気さが少々影をひそめていながらも、やっぱりロリンズとしか言いようがないテイストに仕上がっているところが興味深い。 偉大な先輩ジャズマンに…

続きを読む

Solo Sessions 2 ビル・エヴァンス

パーカーの《オーニソロジー》に取り組むエヴァンス。 次第にのってきたのか、エヴァンスのハミングが聞こえてくる。 演奏者のくつろぎ、肩の力の抜けた気分が そのまま音になってこちらに伝わってくる。 そこがいいのです(・∀・)b Solo Sessions 2アーティスト: Bill Evans出版社/メーカー: Milestone発売日: 1992/01/27メ…

続きを読む