The Cooker Lee Morgan

リー・モーガンのトランペットもさることながら、 このアルバムでは ペッパー・アダムスのバリサクも良いのです(・∀・)b このアルバムに収録されている《チュニジアの夜》のアレンジ、けっこう好きです。 Cookerアーティスト: リー・モーガン出版社/メーカー: Blue Note Records発売日: 200…

続きを読むread more

The Guitar Artistry Of Charlie Byrd

チャーリー・バードというと、 どうしても「ボサノバ」という枕詞がついてまわりがち。 しかし、ボサノバだけがチャーリー・バードじゃないよ! と主張しているような作品がコレ。 ギタートリオで、ストレートアヘッドなギタリストとしての本領発揮! ザ・ギター・アーティストリー・オブ・チャーリー・バードアーティ…

続きを読むread more

At the Five Spot 1 Eric Dolphy & Booker Little

もう何千回と聴いているはずなのに、 まったく飽きない不朽の名盤。 調律の狂ったピアノを弾く マル・ウォルドロン。 彼のピアノ(特にバッキング)に耳をフォーカスされると、またまたさらに新たなる発見が。 このアルバムに流れる夢幻なる異世界感の骨格を形成しているのは、じつはマルの重たいピアノなのかもしれな…

続きを読むread more

JAZZ GUITAR 菅野義孝

サントリー「山崎」のコピーを拝借するならば、 何も引かない 何もたさない 純度の高いオルガントリオ ということになりましょうか。 磨き上げられたオーソドックスさ。 なんの衒いもないストレートな心地よさ(・∀・)b JAZZ GUITARアーティスト: 菅野義孝,ブレント・ナッシー,横山和明出版社/…

続きを読むread more

Somewhere There's Music ジューン・クリスティ

ジューン・クリスティとスタン・ケントンのジャケ写が楽しそうでいい感じ(・∀・)b (実はジャケット裏の写真のほうがもっといい感じだったりするのですが) ケントン楽団時代のクリスティの音源が1枚にまとまっているのでおトクだと思いますよ。 Somewhere There's Musicアーティスト: ジューン・…

続きを読むread more