トゥモロウ・イズ・ザ・クエスチョン

オーネットらしさと 既存のジャズらしさとの せめぎ合い。 その着地点は、 サイドマンたちも オーネット自身も 手探り状態だったはず。 その微妙なもどかしさが良いのです。 一貫してマイペースなドン・チェリーが 今となってはスゴいと感じます。 トゥモロウ・イズ・ザ・クエスチョンアーティスト: オーネット・コールマン出版社/メーカー: ユニバーサ…

続きを読む