Jazz in 3/4 Time Max Roach

ジャズで3拍子というのは、 これがレコーディングされた当時(1957年)は 画期的な試みだったようですが、 《テイク・ファイヴ》のような5拍子や、 《ファイヤー・ワルツ》や 《ブッカーズ・ワルツ》のような 3拍子のナンバーに慣れ親しんだ耳には あまりにも普通というか、 まったく違和感なく耳にするするとはいってくる。 このアルバムの良いところは、 ローチの実験的な試…

続きを読む