Vigil チック・コリア

なんと、ドラマーのマーカス・ギルモアは、 ロイ・ヘインズの孫なのだそうです。 Vigil ▼収録曲 1. ステップス-ホワット・ワズ 2. マトリックス 3. ナウ・ヒー・シングス-ナウ・ヒー・ソブス 4. ナウ・ヒー・ビーツ・ザ・ドラム-ナウ・ヒー・ストップス 5. ザ・ロウ・オブ・フォーリング・アンド・キャッチング・アップ 『ナウ・ヒー・シングズ』で…

続きを読む

ビージー・アデール モーメンツ・トゥ・リメンバー

古き良きアメリカが甦る。 50年代のアメリカンポップスを ビージー・アデールが料理すると、 こんなにも楽しく寛げるサウンドに。 まさに今日、 晴れた日曜日の午前中に 口笛まじりで聴きたい音楽ですね。 Moments to Remember ▼収録曲 1. Secret Love 2. Because Of You 3. Canadian Suns…

続きを読む

ゲイリー・バートン ライヴ・イン・トーキョウ

1971年「サンケイホール」でのライブを 世界初CD化。 トニー・レヴィンのベースが楽しみです(・∀・)b ライヴ・イン・トーキョウ ▼収録曲 1. バレエ 2. 第三の日 3. サンセット・ベル 4. グリーン・マウンテン 5. アフリカン・フラワー 6. ポーツマスの情景

続きを読む

モルト・カンタービレ 山中千尋

8月14日発売(・∀・)b モルト・カンタービレ(初回限定盤)(DVD付) ▼収録曲 ディスク:1 1. 前奏曲 作品40の1 (8つの演奏会用エチュードから) 2. トルコ行進曲 3. ハノン・ツイスト 4. 奈ポレオン応援歌 5. カンタービレ 6. 愛の夢 第3番 7. 夢のあとに 8. 熊蜂の飛行 9. エリーゼのために 10. 即興曲 第1…

続きを読む

矢野顕子 上原ひろみ

たまに聴くと、 やっぱりイイですね~。 2台のピアノを通じて出てくる 包容力、表現力。 《ラーメンたべたい》がやっぱりイイ(・∀・)b Get Together ~LIVE IN TOKYO~ ▼収録曲 1. CHILDREN IN THE SUMMER 2. あんたがたどこさ 3. ケープコッド・チップス 4. リーン・オン・ミー 5. 学べよ …

続きを読む

ブルー・デューク

ハリー・エメリーとジェームス・マーティンによる デューク・ジョーダンのトリオ。 ジョーダン好きの中でも 意外に見過ごされがちなアルバムですが、 地味ながらも光る演奏が多いです。 まずは、彼の十八番、 《危険な関係のブルース》を! ブルー・デューク ▼収録曲 1. 危険な関係のブルース 2. ホールディング・ハンズ 3. ベン・シュガー・ブ…

続きを読む

セントラル・パーク・ノース

サド・ジョーンズ=メル・ルイス・オーケストラの魅力は、 躍動しつつも常に安定感があり、 保守的すぎず、 革新的すぎず、 ジャズ的快感の ちょうどド真ん中をブレずに 高いクオリティの演奏を提供してくれること。 代表作の1枚『セントラル・パーク・ノース』も例に漏れず。 ピアノのローランド・ハナ、 ベースのリチャード・デイヴィスをはじめ、 フロントのジミー・ネッ…

続きを読む

Dinah Jams ダイナ・ワシントン

なんといっても、ラストの《ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド》は聴きごたえがありますね。 迫力。 スローテンポで演奏されることの多い曲ですが、 これほどまでに活力漲ったバージョンは珍しいです。 Dinah Jams ▼収録曲 1. Lover Come Back To Me 2. Alone Together 3. Summertime 4. Come …

続きを読む