In the Tradition 2 アンソニー・ブラクストン

やっぱり、スティープル・チェイス時代のブラクストンが一番好き。 躍動感あるオーソドックスなリズムを紡ぎだす ハウス・リズムセクションの上でプレイをするから、 ⇒聴きやすい ⇒彼の特異性(理詰めな変態性?)が露わになる(・∀・)b あと、このアルバムの場合(vol.1もですが)、 選曲のほうもスタンダードや有名なリフナンバーばかりなので、 ⇒やっぱり聴きやすい…

続きを読む