北 (NORD) 阿部薫・吉沢元治

阿部薫のヒステリックな凶暴性に 吉沢元治の知的なメスがはいった ニッポンフリージャズの傑作。 加熱するにしたがって チンピラ的な暴力性が露呈しがちな 阿部薫のサックスの手綱をしっかりと握る 吉沢元治のベース(あるいはチェロ)が大人です。 北 (NORD) ▼こちらのページにレビューを書いています。 カフェモンマルトル

続きを読む

ワーク・アウト ハンク・モブレイ

モブレイ、グリーンの相性は抜群で、 この二人の「いなたい柔らかさ」加減の配合は 何度聴いてもやっぱり絶妙。 しかし、まったりアーシーなだけではないのが このアルバムのミソ。 つまり、ケリー。 ウイントン・ケリーのはなやいだピアノの存在が 良いメリハリとなっている。 だから聴き飽きないのでしょう。 ワークアウト

続きを読む

Black Fire アンドリュー・ヒル

Black Fire/Andrew Hill 好きなんです、アンドリュー・ヒル。 最高傑作は、やっぱりドルフィーが参加した『ポイント・オブ・デパーチャー』だと思うけど、日常的に聴いているのは、むしろこっちかな。 うねうねしていて重い。黒い。 そこが最高! タイトルの『ブラック・ファイヤー』も強そうでカッコいい♪

続きを読む

Sun Ra Four Classic Albums

ジャズCDの価格破壊?の「クラシック・アルバム」シリーズ。 6枚とか、 7枚とか、 8枚ぶんのアルバムが一つのセットにまとめられて、 千円を切るモノもザラ。 音質も良かったり悪かったりと当たりはずれも多いのですが、 お値段安めのため、 「ま、いっか。たくさん聴けるし」と なぜか納得をしてしまうんですよね。 で、このシリーズから、 なんとサン・ラも出ていたんですね。…

続きを読む

Point Of View カサンドラ・ウィルソン

ラストのブルースが好き。 アルトサックスにスティーヴ・コールマン、 ギターにジャン・ポール・ブレリーを従えて、 重く深く歌いこむカサンドラが好き。 深~い情念を感じます。 そろそろ秋が近づいてきている。 Point of View▼収録曲 1. Square Roots 2. Blue In Green 3. Never 4. Desperat…

続きを読む

ダウン・アンド・アウト・ブルース サニー・ボーイ・ウィリアムスン

Down And Town Blues/Sonny Boy Williamson 先日亡くなった藤圭子の歌ばかり聴いていたら、 GOLDEN☆BEST 藤圭子ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌 「ド」がつくド・ブルースも聴きたくなってきた。 だから、サニー・ボーイ・ウィリアムスン。 『ダウン・アンド・アウト・ブルース』は好きなCDのひとつ。 同…

続きを読む

In And Out James Blood Ulmer

ウルマーさん、 いつまでたっても元気に捩れていてくれて、 本当に嬉しいかぎりです(・∀・)b 時にギザギザ、 常にウネウネ。 ウルマー氏のギター、やっぱ好きだわ~♪ In And Out▼収録曲 1. No Man's Land 2. A Thing For Joe 3. Fat Mama 4. Eviction 5. Baby Talk 6. M…

続きを読む

バラッズ・オブ・ザ・サッド・カフェ クリス・コナー

たまに聴くクリス・コナー、ええな~♪~( ̄。 ̄ ) 失恋ソングばっかりだけどねr( ̄_ ̄;) コナー自身も「アトランティック時代のベスト」と語る たしかな名作。 バラッズ・オブ・ザ・サッド・カフェ ▼収録曲 1. ジーズ・フーリッシュ・シングス 2. バーゲン・デイ 3. エンド・オブ・ア・ラヴ・アフェア 4. グラッド・トゥ・ビー・アンハッピー 5. バ…

続きを読む

死刑台のエレベーター

これを観てから、 死刑台のエレベーター ブルーレイ [Blu-ray] / ジャンヌ・モロー, モーリス・ロネ,... 改めてこれを聴くと、 死刑台のエレベーター [Limited Edition] / マイルス・デイヴィス, ヴァルネ... 聴こえ方が変わってきます。 私の場合、 最初にアルバムを聴いた時は、 ⇒禁欲的なマイルスの世界だな~…

続きを読む

ベイズン・ストリート・ブルース ダイナ・ショア

くつろぎのヴォーカル名盤(・∀・)b ボサノバ調の《ドレミの歌》が楽しいです。 ベイジン・ストリート・ブルース▼収録曲 1. ベイズン・ストリート・ブルース 2. ドレミの歌 3. ナッシュヴィル・ブルース 4. 愛さずにはいられない 5. マイ・マンズ・ゴーン・ナウ 6. クライ・ミー・ア・リヴァー 7. バイ・バイ・ブルース 8. ノーバディ・エルス・バッ…

続きを読む

ベイズン・ストリート・ブルース ダイナ・ショア

くつろぎのヴォーカル名盤(・∀・)b ボサノバ調の《ドレミの歌》が楽しいです。 ベイジン・ストリート・ブルース▼収録曲 1. ベイズン・ストリート・ブルース 2. ドレミの歌 3. ナッシュヴィル・ブルース 4. 愛さずにはいられない 5. マイ・マンズ・ゴーン・ナウ 6. クライ・ミー・ア・リヴァー 7. バイ・バイ・ブルース 8. ノーバディ・エルス・バッ…

続きを読む

Jazz at the College of the Pacific 1 デイヴ・ブルーベック

デイヴ・ブルーベックが、 かつて学んでいた大学で演奏をしたライブの模様が収録されています。 ブルーベック・カルテットの演奏に熱狂する 学生たちの様子がリアルに封じ込められています。 ブルーベックのゴツゴツしたピアノと マイルドなデスモンドのアルトの 相反しつつも心地良いサウンドキャラクターの融合は あいかわらず見事。 Jazz at the Colle…

続きを読む

Show Stopper Jamaaladeen Tacuma

今や懐かしのボディの形、 スタインバーガーのベース。 スタインバーガーといえば すぐに思い出すのが、ジャマラディーン・タクマ。 80年代後半に彼が発表した骨太ファンクが 『ショウ・ストッパー』。 彼のベースは骨太でシンプルで分かりやすいです。 今の耳で聴くと、ちょっとイナたいところもあるんだけれども、 太くてエモーショナルなサウンドはじゅんぶんに楽しめますよ。…

続きを読む

パッション・フラワー ジョニー・ホッジス

何年ぶりかにジョニー・ホッジスを聴いてみた。 いい! 昔はなんとも感じなかった彼のアルトが、 なんだかスッと耳に染み込んできたのです。 年齢を重ねてはじめて分かった玄人の味わい。 Passion Flower [Import] / Johnny Hodges (CD - 1...▼収録曲 1. Day Dream 2. Good Queen Bess…

続きを読む

セレブレーション アブドゥーラ・イブラヒム

ダラー・ブランド(現在はアブドゥーラ・イブラヒム)の このサウンドを形容するのにうまい言葉が思い浮かばないな~ などと思っていたら、 「悠久」という言葉が思い浮かんだ。 そうそう、悠久。 音楽にシンクロしていくうちに、 だんだんと呼吸が長くなっている自分に気がつく。 たくさん聴けば、 長息できるかもしれない(・∀・)b Celebration …

続きを読む

ジャズ・ヴァイオリン・セッション デューク・エリントン

デューク・エリントンにステファン・グラッペリほか ヴァイオリン奏者が加わる。 (曲によってはヴィオラ) もとよりエキゾチックなテイストが内在しているエリントン音楽。 ヴァイオリンの音色が、それに拍車をかけてムンムンと心地よいのです。 夏にムンムン、いい雰囲気。 外は暑い夏、しかし室内は冷房キンキンでアルコール飲料。 このシチュエーションがグッド(・∀・)b …

続きを読む

ジャズ・ヴァイオリン・セッション デューク・エリントン

デューク・エリントンにステファン・グラッペリほか ヴァイオリン奏者が加わる。 (曲によってはヴィオラ) もとよりエキゾチックなテイストが内在しているエリントン音楽。 ヴァイオリンの音色が、それに拍車をかけてムンムンと心地よいのです。 夏にムンムン、いい雰囲気。 外は暑い夏、しかし室内は冷房キンキンでアルコール飲料。 このシチュエーションがグッド(・∀・)b …

続きを読む

Road To You Pat Metheny Group

メセニーグループ恐るべし。 演奏クオリティ、めちゃ高し。 ライブ演奏なんですよね、これ。 猛暑を吹き飛ばすに足る 爽やかなエネルギーのみならず、 表現の深さに包まれ、 至福の一時を過ごせること間違いなし(・∀・)b Road to You [CD, Original recording remastered,...▼収録曲 1. Have You Heard …

続きを読む

Road To You Pat Metheny Group

メセニーグループ恐るべし。 演奏クオリティ、めちゃ高し。 ライブ演奏なんですよね、これ。 猛暑を吹き飛ばすに足る 爽やかなエネルギーのみならず、 表現の深さに包まれ、 至福の一時を過ごせること間違いなし(・∀・)b Road to You [CD, Original recording remastered,...▼収録曲 1. Have You Heard …

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ