北 (NORD) 阿部薫・吉沢元治

阿部薫のヒステリックな凶暴性に 吉沢元治の知的なメスがはいった ニッポンフリージャズの傑作。 加熱するにしたがって チンピラ的な暴力性が露呈しがちな 阿部薫のサックスの手綱をしっかりと握る 吉沢元治のベース(あるいはチェロ)が大人です。 北 (NORD) ▼こちらのページにレビューを書いています。…

続きを読むread more

ワーク・アウト ハンク・モブレイ

モブレイ、グリーンの相性は抜群で、 この二人の「いなたい柔らかさ」加減の配合は 何度聴いてもやっぱり絶妙。 しかし、まったりアーシーなだけではないのが このアルバムのミソ。 つまり、ケリー。 ウイントン・ケリーのはなやいだピアノの存在が 良いメリハリとなっている。 だから聴き飽きないの…

続きを読むread more

Black Fire アンドリュー・ヒル

Black Fire/Andrew Hill 好きなんです、アンドリュー・ヒル。 最高傑作は、やっぱりドルフィーが参加した『ポイント・オブ・デパーチャー』だと思うけど、日常的に聴いているのは、むしろこっちかな。 うねうねしていて重い。黒い。 そこが最高! タイトルの『ブラック・ファイヤー』も強そうで…

続きを読むread more

Sun Ra Four Classic Albums

ジャズCDの価格破壊?の「クラシック・アルバム」シリーズ。 6枚とか、 7枚とか、 8枚ぶんのアルバムが一つのセットにまとめられて、 千円を切るモノもザラ。 音質も良かったり悪かったりと当たりはずれも多いのですが、 お値段安めのため、 「ま、いっか。たくさん聴けるし」と なぜか納得をしてしまうんですよね。 …

続きを読むread more