デクスター・ゴードンのアワ・マン・イン・パリ

『アワ・マン・イン・パリ』。 デクスター・ゴードンを代表する名盤です。 1曲目の《スクラップル・フロム・ジ・アップル》の スケール大きな豪快なブロー。 デックスのアドリブパートが終わり、 バド・パウエルのピアノソロが始まった瞬間の 最初の数音。 この音と雰囲気に ものすごくジャズを感じてしまうんですね。 う~ん、シビれる。 ▼収…

続きを読む

スタンゲッツ ベスト

スタン・ゲッツといえば、 誰が何と言おうと、 私の中ではコレがベスト! スタン・ゲッツ・カルテッツ+5 涼しくなってきたこの陽気に このサウンドの肌ざわり。 いい感じです。 ▼こちらのページにレビューを書いています。 カフェモンマルトル

続きを読む

マッコイタイナー 名盤

もう季節外れかな?(夏に聴くと爽やかなので) でも、やっぱりいつ聴いても エキサイティング。 ちょっと、 いや、 かなりベタに「スケール大きい感動大作だぞ~!」ですが、 これはこれで悪くないです。 Fly With the Wind ▼収録曲 1. Fly With The Wind 2. Salvadore De Samba 3. Beyond t…

続きを読む

ブラッド・メルドー Places

「ジャズ」ファンからはソッポを向かれ、 「メルドー」ファンからは愛聴されている。 ……ような気がする作品。 個人的には、 メルドウの旅に同行するのも悪くないと思ってます。 Places ▼収録曲 1. Los Angeles (Album Version) 2. 29 Palms (Album Version) 3. Madrid (Al…

続きを読む

ブラッドメルドートリオ

同時期に発売された『オード』と一緒に聴きたい ピアノトリオ作品。 ホェア・ドゥー・ユー・スタート ▼収録曲 1. ガット・ミー・ロング 2. オランダ 3. ブラウニー・スピークス 4. ベイビー・プレイズ・アラウンド 5. エアジン 6. ヘイ・ジョー 7. サンバと恋 8. ジャム 9. タイム・ハズ・トールド・ミー 10. アケラス・コイザス・トダス …

続きを読む

バルネ・ウィラン サンジェルマンでのライブ

1959年。 パリの『クラブ・サンジェルマン』でおこなわれた ライブの模様が収録されています。 レコードだと全4曲なんですが、 CD化の際にさらに曲が追加されているので タイトルには「more」がついているんですね。 なにがいいかって、 もちろん若き日のバルネも頑張りようも素晴らしいのですが、 やはり、本場からやってきた 2名のジャズマン、ケニー・ドーハムと …

続きを読む

ドナルドバード 名盤

ドナルド・バードの名盤というと 『フュエゴ』のオレンジ色のジャケットを 思い浮かべる方が多いと思うのですが、 私は「隠れ名盤」として、 赤いジャケットの『キャット・ウォーク』を挙げたいですね。 デューク・ピアソンが曲を作り、 バードがトランペットを吹く。 この2人の素敵な関係が生み出す ゴキゲンサウンドが好きなのです。 (ハーフ・ノート・カフェな…

続きを読む

セロニアスモンク ミステリオーソ

ジョニー・グリフィンがテナーサックスで参加した セロニアス・モンク・カルテットの「ファイヴスポット」での ライブ盤『ミステリオーソ』。 《ミステリオーソ》という曲は 譜面を見るたびにいつも思うのだけど、 幾何学的というか規則的というか 素気ない音の配列の曲なんですよね。 フォーマットはブルースなんですが、 ブルースを無愛想にしたような ちょっとクラシックの「…

続きを読む

スタンゲッツ 枯葉

台風去ってだいぶ涼しくなってきました。 さ、そろそろ《枯葉》聴きの準備をするか。 ゲッツの《枯葉》。 いいねぇ~(・∀・)b このとろけるような儚さが好き。 スタン・ゲッツ・オン・ルースト Vol.2 ▼収録曲 1. ペニー 2. スプリット・キック 3. スプリット・キック (別テイク) 4. 春の如く 5. 春の如く (別テイク) 6.…

続きを読む

Think ロニー・スミス

ロニーのオルガンもさることながら、 リー・モーガンのトランペットにも痺れてしまうのです。 ノリノリ・ファンキー・ソウルなジャズをお求めな方にはうってつけ! Think ▼収録曲 1. Son Of Ice Bag 2. The Call Of The Wild 3. Think 4. Three Blind Mice 5. Slouchin'

続きを読む