ニュー・ジャズ・コンセプションズ ビル・エヴァンス

ビル・エヴァンスのデビュー作。 スコット・ラファロ参加の4部作も素晴らしいけれど、 じつは、私はその前の初期の作品のほうが好きだったりします。 硬質で、けっこうアグレッシヴ。 同時代のピアノトリオと比較すればするほど、 エヴァンスという人は、 かなり尖ったピアニストだったのだということがよく分かります。 私はトリスターノが好きなんですが、 初期のエヴァンスの表現には …

続きを読む