ジャズ・アット・ホッチキス ジョージ・ウォーリントン

ウォーリントンは白人でありながらも、 骨の髄まで生粋のビ・バッパーだったんだなと思わせる快作。 バド・パウエルへの心酔っぷりが伺える 冒頭の《異教徒たちの踊り》で決まり!! ジャズ・アット・ホッチキス ▼収録曲 1. 異教徒たちの踊り 2. ストレンジ・ミュージック 3. ビフォア・ドーン 4. オウー 5. ス・メイク・イット

続きを読む