ソニー・ロリンズ Vol.2

聴きどころは無数にあるのだけれども、 最近のツボは、 《ユー・スティープド・アウト・オブ・ア・ドリーム》の ロリンズの豪快なソロ。 このスピード感、キレ味、閃き! 重量感も伴っているので、 丹田にグッとくるのです。 J.J.ジョンソンのトロンボーン・ソロを 煽りまくるブレイキーのドラミングも エネルギッシュです。 強制的に元気をもらえる演奏というか。 …

続きを読む