ビル・エヴァンス フロム・レフト・トゥ・ライト

あのエヴァンスもエレピに手を出した! ということで、ながらくエヴァンスファンからも そっぽを向かれていたという不遇な作品。 エヴァンス=アコースティックピアノ という図式、 今でも根強く残っているのかな? しかし、このような先入観をはずして聴けば、 イージーリスニングっぽいアレンジも散見されるけど (特にオーケストラのアレンジなど) エヴァンスが弾く…

続きを読む

ダーク・メイガス マイルス・デイヴィルス

ときおり身体の外側も、心の中身も わけもなく無性にヒリヒリ、ゾワゾワしたいときってありますよね? (え?ない?) 私の場合は、そんなときはマイルスの『パンゲア』とか『ダーク・メイガス』を聴きますね。 『ダーク・メイガス』のほうが破壊力高いかな。 『パンゲア』は音楽的完成度が上だから、安定感もあるんですよね。 それに比べると『ダーク・メイガス』には どこか危な…

続きを読む

Detroit New York Junction

ブルーノートの中でも 「地味名盤」の筆頭格かもしれませんが、 なかなか充実したアンサンブルなのです。 とにもかくにもコレを聴くと元気になれます(・∀・)b デトロイトNYジャンクション ▼収録曲 1. ブルー・ルーム 2. タリフ 3. リトル・ガール・ブルー 4. スクラッチ 5. ゼック ▼こちらのページにレビューを書いています。 …

続きを読む

武田和命 ジェントルノヴェンバー

メンバー良し、 バラード良し。 秋の夜長に染みる盤。 ジェントル・ノヴェンバー ▼収録曲 1. ソウル・トレーン 2. テーマ・フォー・アーニー 3. アイシャ 4. イッツ・イージー・トゥ・リメンバー 5. ワンス・アイ・トークト 6. アワー・デイズ 7. リトル・ドリーム 8. ジェントル・ノヴェンバー 武田和命 (ts) 山…

続きを読む

ジョン・コルトレーン セロニアス・モンク

コルトレーンに多大な影響を与えた先輩は2人いると思います。 ひとりはマイルス・デイヴィス。 もうひとりはセロニアス・モンク。 マイルスのもとで技量を研鑚し、 モンクのもとで表現の深みを身に付けた。 すでにマイルスのバンドに所属していた頃から シーツ・オブ・サウンズを駆使し、 ひとまず完成の域にまで達してはいました。 しかし、この「音の洪水」に 説…

続きを読む