ビル・エヴァンス フロム・レフト・トゥ・ライト

あのエヴァンスもエレピに手を出した! ということで、ながらくエヴァンスファンからも そっぽを向かれていたという不遇な作品。 エヴァンス=アコースティックピアノ という図式、 今でも根強く残っているのかな? しかし、このような先入観をはずして聴けば、 イージーリスニングっぽいアレンジも散見されるけど (特にオーケストラのアレンジなど) エヴァンスが弾く…

続きを読む

オスカーピーターソン おすすめ

ベースがペデルセンに ギターがジョー・パス。 なんて素敵な組み合わせ。 演奏は?というと、 これはもう 超絶、強烈、悶絶w( ▼o▼ )w Trio ▼収録曲 1. BLUES ETUDE 2. CHICAGO BLUES 3. EASY LISTENING BLUES 4. COME SUNDAY 5. SECRET LOVE …

続きを読む

オスカーピーターソン 名盤 Walking the Line ベースはジョージ・ムラーツ

たまにはピーターソン。(・∀・)b やっぱりピーターソンはMPSがいい! そして、この盤、 『ウォーキング・ザ・ライン』のベースはジョージ・ムラーツ! これは聴きごたえアリ! 当時無名の新人だった弱冠26歳の ジョージ・ムラーツのベースが、 ピーターそんを刺激しまくる! ノリノリ! 充実の演奏群ヽ( ̄▽ ̄)ノ オスカ…

続きを読む

Detroit New York Junction

ブルーノートの中でも 「地味名盤」の筆頭格かもしれませんが、 なかなか充実したアンサンブルなのです。 とにもかくにもコレを聴くと元気になれます(・∀・)b デトロイトNYジャンクション ▼収録曲 1. ブルー・ルーム 2. タリフ 3. リトル・ガール・ブルー 4. スクラッチ 5. ゼック ▼こちらのページにレビューを書いています。 …

続きを読む

武田和命 ジェントルノヴェンバー

メンバー良し、 バラード良し。 秋の夜長に染みる盤。 ジェントル・ノヴェンバー ▼収録曲 1. ソウル・トレーン 2. テーマ・フォー・アーニー 3. アイシャ 4. イッツ・イージー・トゥ・リメンバー 5. ワンス・アイ・トークト 6. アワー・デイズ 7. リトル・ドリーム 8. ジェントル・ノヴェンバー 武田和命 (ts) 山…

続きを読む

ジョン・コルトレーン セロニアス・モンク

コルトレーンに多大な影響を与えた先輩は2人いると思います。 ひとりはマイルス・デイヴィス。 もうひとりはセロニアス・モンク。 マイルスのもとで技量を研鑚し、 モンクのもとで表現の深みを身に付けた。 すでにマイルスのバンドに所属していた頃から シーツ・オブ・サウンズを駆使し、 ひとまず完成の域にまで達してはいました。 しかし、この「音の洪水」に 説…

続きを読む

コンテ・カンドリ リトル・バンド・ビッグ・ジャズ

現在襲来中の台風26号が過ぎ去ったら、 台風一過の青空のもと、 スカッと気分の良い西海岸ジャズを聴きたいですね。 たとえばコンテ・カンドリの 『リトル・バンド・ビッグ・ジャズ』なんかいいですね(・∀・)b LITTLE BAND,BIG JAZZ ▼収録曲 1. Muggin' the Minor 2. Mambo Diane 3. Countin' t…

続きを読む