Portrait of Cannonball Adderley キャノンボール・アダレイ

適度に練られたテーマのアレンジ =錬られ過ぎていないテーマのアレンジ と、 ビシッとキメ過ぎていないテーマのアンサンブル ゆえ、 なかなか聴き飽きない演奏ばかりが収録されているとは思う、 のですが、 CDの場合だと、いきなり別テイクが続くので、 もう少しスッキリ編集のほうが良かったかなとも思います。 手動でスキップすればいいだけの話な…

続きを読む

Embraced セシル・テイラー メアリー・ルー・ウィリアムス

セシル・テイラーがわからない、難しいと感じている人、少なくないようです。 でもね。 メアリー・ルー・ウイリアムスと共演した 『Embraced』を聴けば、 分かる・分からないといった アタマの要素ではなく、 カラダでスゲェッ!w( ▼o▼ )wと感じるはず。 メアリー・ルー・ウィリアムスとのピアノデュオなんですが、 彼女の重厚かつ荘厳なピアノと セシルの…

続きを読む

ジゴロ リー・モーガン

以前、林家正蔵氏のジャズ本を作っていた際、 ▼この本です 知識ゼロからのジャズ入門 打ち合わせでお宅にお邪魔させていただきました。 色々なジャズの話をするなか、 リー・モーガンの話になり、 正蔵氏が好きなアルバムの1枚として 『ジゴロ』が挙がりました。 なんたって、ジゴロですよ、ジゴロっ!(笑) 自分でいいますかねぇ~、ジゴロって(笑) でも、…

続きを読む

ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド クリフォード・ブラウン

The Begining And The End/Clifford Brown 舌を巻くとはまさにこのこと。 ラストの《ドナ・リー》を聴いてみよう。 整然としていながらもエキサイティング。 冷静さと熱狂がこれほどバランスが取れている演奏はそう多くはないと思うのです。 ▼収録曲 1. アイ・カム・フロム・ジャマイカ 2. アイダ・レッド 3.…

続きを読む

イントロデューシング・ザ・ケニー・ドリュー・トリオ

エレガンスさを獲得した ヨーロッパ時代のケニー・ドリューもいいですが、 やっぱり、初期のニューヨーク時代のドリューが最高。 まだ、パウエルの影響が濃厚に残っているこの時代、 パウエル派というスタイル云々ではなく、 ピアノから発散される空気の緊迫感のようなものがたまらない。 まるで何かに急き立てられているようなピアノ。 生き急いでいるような感じすらします。 …

続きを読む

Easy Living ソニー・ロリンズ

バリバリの4ビート派からはソッポを向かれそうな フュージョン指向のロリンズ・アルバム。 なんたって、ジョージ・デュークと組んでますからね。 サウンドの軽さ、緩さは、 「そのような時代」に吹き込まれた 「そのようなテイスト」なので致し方ないにしても、 スティーヴィー・ワンダーの《イズント・シー・ラヴリー》を 気持ちよく吹くロリンズを聴いていると、 こちらまで気持…

続きを読む

ハンプトン・ホーズ For Real

ハンプトン・ホーズの隠れ(?)名盤。 なんたって、ベースがスコット・ラファロですから。 「ビル・エヴァンスと組む前のラファロは、ピアノトリオでどういうベースを弾いていたの?」 という興味も満たせることでしょう。 エヴァンスとの共演があまりにも有名なので、 スコット・ラファロといえば、 「メロディアスで音数の多いベーシスト」というイメージが強いのでし…

続きを読む

ラブ・アンド・ピース

ジョン・レノンとヨーコ・オノのラブ&ピースではなくて、 こちらは、エルヴィンとマッコイの『ラブ&ピース』です。 テナーサックスは、もちろん、コルトレーンではありません。 ファラオ・サンダース。 ということは? 「おお、晩年のコルトレーン・サウンドに近いのか!?」と、 聴く前は思うのですが、 実際聴いてみると、もっと緩い。 あ、もちろんいい意味で…

続きを読む

ラズウェル細木のブルーノート道案内

『ラズウェル細木のブルーノート道案内』。 ラズウェルさんは、やっぱりジャズ漫画が一番! 学生の頃は、『ジャズ批評』に連載されていた 「ときめきJAZZタイム」も私にとっては楽しいジャズ教科書でした。 (もちろん単行本も) だから、ラズウェルさんのジャズ漫画は無条件に大好きヽ( ̄▽ ̄)ノ ブルーノート・クラブの会報誌に連載されている漫画が単行本になっちゃ…

続きを読む