Easy Living ソニー・ロリンズ

バリバリの4ビート派からはソッポを向かれそうな フュージョン指向のロリンズ・アルバム。 なんたって、ジョージ・デュークと組んでますからね。 サウンドの軽さ、緩さは、 「そのような時代」に吹き込まれた 「そのようなテイスト」なので致し方ないにしても、 スティーヴィー・ワンダーの《イズント・シー・ラヴリー》を 気持ちよく吹くロリンズを聴いていると、 こちらまで気持…

続きを読む