ウナマス ケニー・ドーハム

ときどき、むしょうに聴きたくなるアルバムの1枚が、 ケニー・ドーハムの『ウナ・マス』。 これを聴いているときの気持ち、 なかなかうまく表現できないのですが、 とにかく、聴いているうちに、 すごく前向きな気分になれるんですよね。 最後までグイグイ聴かせてしまう音の持久力、力強さは特筆もの。 気がつくと、あっという間の15分。 《ウナ・マス》だけでなく、 …

続きを読む

サブコンシャス・リー リー・コニッツ

たぶん、プレスティッジ・レーベルの中では、 もっとも好きなアルバムです。 たぶん、リー・コニッツのアルバムの中でも、 もっとも好きなアルバムです。 高度な音楽技法のみならず、 ピンと張りつめた空気や、 音に対峙する美学のようなものまで、 個人的には、栄養たっぷりの心の名盤なのです。 サブコンシャス・リー+1 ▼収録曲 1. サブコンシャス・リー…

続きを読む

《ブルー・トレイン》の別テイク入り『ブルー・トレイン』ジョン・コルトレーン

ジョン・コルトレーンの『ブルー・トレイン』。 ラストナンバーの《レイジー・バード》でほっと一息。 テーマを軽やかで流れるように奏でる リー・モーガンのトランペットが素敵です(・∀・)b 今年(2013年)の10月に発売されたバージョンには、 世界初CD化のボーナス・トラック、 《ブルー・トレイン》の別テイク1が収録されています。 …

続きを読む