1958マイルス

《グリーン・ドルフィン》に《フラン・ダンス》。 それと、《ラヴ・フォー・セール》。 繊細なミュート・トランペットを奏でるマイルスは、 イメージとしては水彩画かな? デリケートなビル・エヴァンスのピアノが、 さらにマイルスの持ち味をグッと引き立てているように感じます。 すごく切ない気分になってしまうんだけど、 同時に心の隙間が満たされていくような不思議な感…

続きを読む