Street of Dreams グラント・グリーン

ギター、オルガン、ヴァイヴ。 それぞれが持つ固有の音色が バランスよく共存し、 かつ溶け込んだ聴きごたえのある作品。 グラント・グリーンの“ねっとり”ギターに、 ラリー・ヤングの“こってり”オルガン。 これだけだと、どうしても、濃コクな味わいになりそうなところを クールなハッチャーソンのヴィブラフォンが添えられているため、 何度聴いても飽きない音色のバラン…

続きを読む