クリス・アンダーソン

ハンコックファン必聴! あのハービー・ハンコックに影響を与えたといわれている 盲目のピアニスト、クリス・アンダーソン。 シカゴを拠点に活動していて、 クリフォード・ブラウンや マックス・ローチとも共演したこともあるそうですが、 知ってた?( ̄ー ̄?) 音源が少ないため、 なかなか聞く機会がなかったという人! 2枚のアルバムのカップリングC…

続きを読む

ニュー・トリスターノ レニー・トリスターノ

この凄まじい音に対しての集中力が、 一分の隙もない完璧な演奏を生み出した! 聴きこめば聴きこむほど、 トリスターノのこだわりに鳥肌が立ってくるピアノソロなのです。 ニュー・トリスターノ ▼収録曲 1. ビカミング 2. C マイナー・コンプレックス 3. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ 4. デリバレイション 5. シーン・アンド・ヴ…

続きを読む

Tetragonのドン・フリードマン

ときおり、『テトラゴン』の ドン・フリードマンのピアノをむしょうに聴きたくなるのです。 もちろん、リーダーのジョーヘンも素晴らしいのですが。 ドラムがジャック・ディジョネット、ベースがロン・カーター。 この合間から滴るリリカルで繊細なフリードマンのピアノが なんともいえぬほどに切ないのです。 リズムセクションが、 ピアノ:ケニー・バロン ベース:ロン・…

続きを読む

トランペット・トッカータ ケニー・ドーハム

これがケニー・ドーハムのラストリーダー作だという 先入観を抜きにしても…… 勇壮であればあるほど、 熱くなればなるほど、 なぜか哀しい気分になってしまう。 やはりケニーは哀愁のラッパ。 物哀しさが常に音に張り付いていて、 そこがとてもカッコいいと思うのです。 微妙な音のカスレや、 フレーズのふらつき。 そこまでを含めて、…

続きを読む

ジョージ・ケイブルス・トリオ

ジョージ・ケイブルスが敬愛する デクスター・ゴードンへの思い入れたっぷりのアルバムです。 《カタロニアン・ナイツ》に 《チーズ・ケイク》! デックスファンなら、必ずニヤリ( ̄ー ̄) A Letter to Dexter ▼収録曲 1. Catalonian Nights 2. Three O'Clock In The Morning 3. Che…

続きを読む

ジョージ・ケイブルス スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット

ジャコ・パストリアス作曲の 《スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット》という曲が大好きで、 この曲聴きたさで発売当時は、くり返し聴いていました。 センチメンタルなフレーズや、 ナイーヴなタッチが時折出てくるところが 昔はちょっと引っかかったんですが、 今では、この優しさというか脆さのような部分も、 「分かる、分かる!」な心境になってきましたね。 オーソドック…

続きを読む

The Complete 1961 Amsterdam Concert セロニアス・モンク

セロニアス・モンクの 1961年、アムステルダム公演の音源がついにコンプリート! だからといって、 歴史的発見!というわけでもなく、 世紀の大熱演!というわけでもないのですが、 モンクファンなら持っておきたいCDです。 The Complete 1961 Amsterdam Concert ▼収録曲 1. Jackie Ing 2. Crepuscule w…

続きを読む

ダディ・プレイズ・ザ・ホーン デクスター・ゴードン

フラットなノリで悠々と繰り広げる 《ダーン・ザット・ドリーム》や《ニューヨークの秋》がいいのです。 デックスの懐の深さが垣間見える 素晴らしい演奏です(・∀・)b ダディ・プレイズ・ザ・ホーン ▼収録曲 1. ダディ・プレイズ・ザ・ホーン 2. コンファメーション 3. ダーン・ザット・ドリーム 4. ナンバー・フォー 5. ニューヨークの秋 6. ユー・キ…

続きを読む

アルトゥーロ・オファリル・トリオ

ミシェル・カミロのような ラテンタッチの超絶技巧的ピアノが好きな人は、 アルトゥーロ・オファリルのトリオが放射する 超絶ノリノリなドライブ感に失神寸前の痙攣的快感を覚えるかもしれません。 眩暈がするほどドライヴしまくるドラムも凄い! ジャズ好きにとっては、 ショーターの《フットプリンツ》や モンクの《ウェル・ユー・ニードント》を演ってくれているところも嬉…

続きを読む

ファイヴ・スポット コルトレーン&モンク

エリック・ドルフィーとブッカー・リトルのライブだったり、 ペッパー・アダムスとドナルド・バードのライブだったりと、 「ファイヴ・スポット」でのライヴ盤は、 熱くてクオリティの高い演奏が多いですね。 もちろん、 このモンクとコルトレーンの演奏もその1つ(・∀・)b。 ジャケットも雰囲気出ててカッコいい! Complete Live At…

続きを読む

ノスタルジア リー・コニッツ

《アウト・オブ・ノーホェア》のテーマを ジャズマンたちが自己流に改変したメロディの中では、 個人的にはリー・コニッツのバージョンが一番好きです。 『モーション』に収録されているやつですね。 もうほとんど、最初の音一発からアドリブなんですが、 テーマのメロディの片鱗も上手に残していて、 そのバランス感覚が好き。 Motion (Dig) それと同じくらい…

続きを読む

Plays Duke Ellington セロニアス・モンク

ひっそりと、厳かですらあるモンクのピアノ。 ウイントン・マルサリスも拝借している《キャラヴァン》のアプローチが秀逸。 若い頃はインパクトが薄いので今一つだと思って聴いていたんですが、 今はかなりの愛聴盤です。 思索的なモンクの一面が全面に出た秀作だと思います。 モンクの写真がレイアウトされたジャケットも出ていますが、 個人的には、ひっそりとしたジャングルのイラ…

続きを読む

シンキング・オブ・ホーム ハンク・モブレイ

ハンク・モブレイ、 ブルーノートの最後のセッション音源集です。 ウディ・ショウ、シダー・ウォルトンが参加(・∀・)b シンキング・オブ・ホーム ▼収録曲 1. 組曲 2. ジャスティン 3. ユー・ガッタ・ヒット・イット 4. ゲイルズ・グルーヴ 5. トーク・アバウト・ジッティン・イット 良い意味で緩やかな感じ。 エッジの尖った演奏はないけ…

続きを読む

マイルス フィルモア

ビッチェズ・ブリュー直後のマイルスのライブといえば……、 フィルモア! 重たくビシッ!と 淀んだ空気に鉄槌をくらわせるような 当時のマイルスのトランペット、大好きです。 フィルモア・イーストだけではなく、 オフィシャルでは初登場の フィルモア・ウェストの演奏も収録されたCD4枚組。 3月25日発売! 発売が楽しみ(・∀・)b それまでは…

続きを読む

ダイナ・ワシントン For Those In Love

好みもあるだろうけど、 ダイナ・ワシントンは、 やはりエマーシー時代が声に艶とハリがあって 聴きごたえがありますね。 『フォー・ゾーズ・イン・ラヴ』は、 ジャケットが醸し出すムードも素晴らしい(・∀・)b For Those in Love ▼収録曲 1. I Get A Kick Out Of You 2. Blue Gardenia 3. Easy L…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ